トップ4Kから1080Pへのコンバーター–4Kビデオを1080Pに変換する方法

への道を探して 4Kビデオを1080pに変換する? さて、あなたのような他の多くの個人がいます、そしてこの記事は彼らに捧げられます。

この記事では、非常に便利な4Kから1080pへのコンバーターツールと、それらを使用する簡単な手順を紹介します。

4Kビデオを理解する

最近、デジタル写真やビデオ撮影が非常に良くなっていることは誰もが知っています。 特に画質について言えば、時間の経過とともに物事は非常に大きく進歩しました。

今日の時点では、誰でも4K解像度で録画できるため、信じられないほど美しく活気のあるビデオを楽しむことができます。 そうは言っても、4Kビデオはさまざまなファイル形式で撮影できます。 MP4とMKVは、4K解像度の非常に人気のあるビデオ形式のカップルです。

場合によっては、一部の4Kビデオ形式でエラーが発生する傾向があります。 その場合、試すべき解決策がいくつかあります。 主な解決策の4つは、1080Kを4pに変換することです。 そして、それを実現するには、優れた1080KからXNUMXpへのコンバーターが必要です。

PS:変換する方法についてもっと学びましょう 映画2Kから4K 簡単に。


4K対1080pの解像度

4K対1080pの解像度

一般的に受け入れられているように、4Kは1080pと比較して次の高度なフォーマットです。 このフォーマットはBlu-rayでよく見られます。 また、サポートされているディスプレイでは、4K解像度は1080pよりも明らかに優れています。

4Kビデオでは、左から右に約4ピクセルを取得します。 それがまさにXNUMXK解像度と略される理由です。 もちろん、そのようなファイルのサイズは巨大です。

したがって、iPhoneを使用して4Kでビデオを撮影した場合、ファイルは巨大な4KHEVC形式になります。 そのようなファイルを共有するのは簡単ではありません。 同じことがドライブレコーダーに記録されたビデオにも当てはまります。

したがって、これらの高解像度ビデオを多くのデバイスで互換性があるようにする場合は、それらを変換することを検討できます。 つまり、より互換性のあるファイル形式に変換できます。 ビデオを変換するとき、解像度を下げて設定を変更することができます。

その結果、他の多くのデバイスと共有できます。 古いデバイスでは4Kビデオを再生するのが難しいため、変換が最適なオプションです。 したがって、優れた4Kから1080pへのコンバーターを見つけて、ビデオの変換を開始できます。


苦労せずに4Kビデオを1080pに変換する方法

4Kを1080pに変換する最も実用的な方法のXNUMXつは、次のような専門的なアプリケーションを使用することです。 Wondershare UniConverter。 これは、以前はWondershareUltimateと呼ばれていました。 これはかなり逆ですtile 4Kから1080pへのコンバーター。 その機能は4Kビデオの変換に限定されていません。

代わりに、ビデオに関連する他の多くのタスクを実行できます。 たとえば、ビデオ共有サイトからビデオをダウンロードして、それらのビデオを圧縮することができます。

さらに、ビデオにテキストを追加したり、オーディオを追加したりすることもできます。 また、ディスクに直接書き込むこともできます。 その結果、DVDやBlu-rayプレーヤーで再生することもできます。

UniConverterの機能

  • 4Kビデオを1080pやその他の値などの他のさまざまな解像度に簡単に変換できます。
  • AVI、MP1000などを含む4以上のファイル形式と互換性があります。
  • このコンバーターは、4Kビデオを他のデバイス用に最適化されたさまざまなプリセットに変換します。
  • ビデオを30倍速く変換します。
  • 字幕の追加、トリミング、トリミングなど、すべての重要な機能を備えたビデオを編集できます。
  • このツールを使用して、ビデオに透かしを追加することもできます。
  • ビデオをカスタマイズして、DVD / Blu-rayに直接書き込むことができます
  • 動画を共有する10を超えるソースをサポート
  • 非常にその逆tile GIFの作成、ビデオの圧縮、メタデータの追加などを可能にするツールボックス。
  • 市場で最も信頼性の高い4Kから1080pへのコンバーターツールのXNUMXつ。
  • あなたが疑問に思うなら MP4の圧縮方法 ビデオ、UniConverterも役立ちます。

UniConverterを使用して4Kを1080pに変換する手順

これで、UniConverterとは何かがわかりました。 それを使用して4Kを1080pに変換する方法を学びましょう。

  • まず、明らかにWondershareUniConverterをダウンロードする必要があります。 次に、それをインストールして起動し、ホーム画面を表示することになっています。 次に、「コンバータ。」 それをクリックすると、そこから先に進む方法がいくつかあります。 ビデオをメインインターフェイスにドラッグアンドドロップするだけです。 そうでない場合は、そのツールを使用してローカルストレージからビデオをインポートすることもできます。 ビデオを追加して分析すると、いくつかの基本的な詳細も表示されます。
UniConverter
  • さて、インターフェースをずっと下に行きましょう。 次に、「」というタイトルのドロップダウンがあります。出力フォーマット」。 それをクリックするだけで続行できます。 また、出力形式を選択することもできます。 あなたは最も魅力的なフォーマットで行って続行することができます。 希望のフォーマットを選択するとすぐに、出力サイズも確認できます。 それはあなたが決定を確認するのに役立ちます。 
  • これで、さらにいくつかの調整を実行することもできます。 たとえば、品質やビットレートなどを変更できます。 それが決まったら、「セールで節約" 続ける。
  • 基本的にはそれだけです。 ここで必要なのは、「すべて開始」というラベルの付いたボタンをクリックして続行することだけです。 待つことができ、ソフトウェアが変換を続行します。 所要時間は、ビデオの長さ、解像度などのさまざまな側面によって異なる場合があります。 また、コンピュータのパフォーマンスによって時間がかかります。
UniConverter4Kから1080Pへのコンバーター

Wondershare UniConverterは、ビデオをさまざまな形式に変換する非常に印象的なツールです。 このツールに関連する主な重要性の4つは、その機能の驚くべき速度です。 迅速なファイル変換のおかげで、UniConverterでは1080KをXNUMXpに短時間で変換できます。


4Kビデオをオンラインで1080pに変換する方法

オンラインで4Kビデオを1080pに変換したい場合は、それを行うためのツールがいくつかあります。 アプリケーションをインストールしたくないが、それでもビデオを変換したい人は、これらのオプションを試すことができます。 ただし、オンラインの4Kから1080pへのコンバーターツールは、WondershareUniConverterほど強力ではありません。

一方、オンラインツールは安定性が低くなります。 したがって、これらの制限を知っているオンラインツールを試してみたい場合は、このセクションを好意的に検討することができます。 HDconvert.com この目的で使用できるツールです。

HDconvert.comを使用してオンラインで4Kビデオを1080pに変換する方法

  • まず、HDconvert.comにアクセスして、「ファイルの選択。」 これにより、変換するファイルをアップロードできます。 その後、変換する必要のあるファイルをアップロードできます。 
  • 次に、特定の「出力フォーマット。」 また、品質などのパラメータを選択できます。 この時点で、値として1080pを選択できます。 それに加えて、いくつかの詳細設定を定義することもできます。
  • これで、ファイルの変換を開始できます。 すべてを定義したら、「」というオプションをクリックします。変換を開始するに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
HDConvertオンライン4Kから1080Pへのコンバーター

PremiereProを使用して1080pビデオファイルを4Kファイルにアップスケーリングする

場合によっては、4Kビデオを1080pに変換するのとは逆のことが必要になることがあります。 その場合、1080pファイルを4Kファイルに変換します。 それを行うには、PremiereProなどのツールを使用する必要があります。 キャッチはあなたがそれを適切にそして効果的に使うために少し学ぶべきであるということです。

興味のある方は、下記のガイドに従ってください。

  • まず、PremiereProを開く必要があります。 次に、新しいプロジェクトを選択します。 あなたは今行くことができます フィレット 選択して New。 次に、シーケンスを選択し、プリセットを選択します。 この場合、を選択する必要があります 4KHDプリセット 高級化する必要があるので。
  • ここで、フレームサイズを設定することになっています。 選択する "編集"を選択し、環境設定。」 次に、「メディア」と呼ばれるオプションを選択しますデフォルトのメディアスケーリング。」 その後、「フレームサイズに設定"を選択し、フレームサイズに合わせて拡大縮小" 続行します。
  • これでできます ビデオをインポートする。 ビデオをドラッグして、インターフェイスのタイムラインにドロップできます。 実際、4pファイルをアップスケールするために1080K未満の任意のフォーマットを選択できます。 次に、ズームインして、不要な不一致がないかどうかを確認できます。 次に、画像の鮮明さを上げることもできます。
  • さて、次のことができます ビデオをエクスポートする。 最後のステップとして、シーケンスに移動し、編集したフッテージを確認できます。 その後、任意の形式でビデオをエクスポートできます。
Adobe Premiere Proの

ビデオを強化するためのその他の機能

多くの人が自分のビデオにいくつかの拡張機能を追加することを好むのは事実です。 とはいえ、ビデオ編集タスクの処理方法を知っているのはごくわずかです。

プロのビデオ編集プログラムは、処理が非常に複雑です。 また、ビデオ編集アプリケーションの大部分は非常に高価です。 しかし、良いニュースは、使いやすさと手頃な価格で提供されるいくつかの珍しいプログラムがあるということです。

Wondershare UniConverterは、これらのユニークなツールのXNUMXつです。 それはいくつかの素晴らしい機能と一緒に非常にフレンドリーなツールです。 また、WinとmacOSの両方でサポートされています。

以下に、変換以外にUniConverterで利用できる追加機能の一部を示します。

●4Kビデオのカットとトリミング

ビデオをUniConverterにロードすると、サムネイルが表示されます。 次に、XNUMXつのボタンがあり、はさみは不要な切断部品を表します。

●トリミング

2つのうちXNUMX番目のボタンはトリミング用です。 フレームに便利な変更を加えることができます。 また、ビデオの向きを変更することもできます。

●潜水艦、透かし、またはその他の効果の追加

XNUMX番目のボタンには、他のいくつかのオプションも含まれています。 たとえば、エフェクトを追加して、ビデオの外観をさらに向上させることができます。 また、透かしや字幕などを追加するオプションもあります。さらに、BGMを追加することもできます。


つまり、これらは使用できる4Kから1080pへのコンバーターツールです。 4Kビデオを1080pに変換する方法について他に知りたいことがあれば、お知らせください。 幸運を!

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。