対話のためのトップ5ベストセンターチャンネルスピーカー

あなたが 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー テレビ番組や映画をもっと楽しく見るために。 ここにあなたが必要とするそれについてのすべての情報をリストしたので、これはあなたがチェックするべき正しい記事です。


センターチャンネルスピーカー–それらは何ですか?

最初に、それらの最良のものを見つけるために、それらのセンターチャンネルスピーカーが何であるかを知る必要があります。 センターチャンネルスピーカーと言うときは、音と音声を考えます。 実際、これらはオーディオ設定の重要な部分のXNUMXつです。 正直なところ、センターチャンネルスピーカーはクリアなサウンドを再生するときにほとんどの仕事を終えます。

映画や番組を見ながら、どこから音が出るのか考えてみてください。 音と会話の大部分はテレビや画面の中央から出ていますよね? これは、センターチャンネルスピーカーが音を出すものであるためです。

さらに、センターチャンネルスピーカーはサラウンドサウンドシステムにとって非常に重要です。 これらのセンターチャンネルスピーカーがないと、人々のオーディオ体験は良くありません。 音が出にくい場合があります。

配置について話すとき、センターチャンネルスピーカーがオーディオシステムの中央に配置されることを推測するのは難しいことではありません。 一方、センターチャンネルスピーカーは中央に配置する必要があることはわかっていますが、他にも気になることがあります。 耳の高さに配置することで、可能な限り最高のオーディオ品質が得られます。 センターチャンネルのスピーカーが低すぎると、ダイアログの作成が難しくなり、メインサウンドが歪む可能性があります。 サウンドバーの傷がどのように配置されているかのようです。


を探すときに見るべきこと 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー

上記の説明で、センターチャンネルスピーカーが何であるか、または少なくともそれらの重要性を知ることができます。 さて、あなたが決定を下す前に、あなたが確認し、考えなければならないことに入りましょう。 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー.

PS:ここにあります 最高の天井スピーカー あなたの参考のために。

パフォーマンス–スピーカーの性能

センターチャンネルスピーカーの性能を見るのはとても簡単です。 センターチャンネルスピーカーの多くの要素を考慮してください。 私自身の意見では、そのパフォーマンスはおそらく最も重要な部分です。

そのパフォーマンスを評価するために、具体的に何を調べる必要がありますか? 注目すべきことのXNUMXつは、その周波数範囲です。 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー。 そのセンターチャンネルスピーカーの周波数範囲が広いほど、オーディオまたはサウンドがクリアになります。 そのため、周波数範囲の広いセンターチャンネルスピーカーを選択するのが最善です。 広い周波数範囲で、話者に面している人と話者に面していない人の両方が、会話を聞きながら素晴らしい体験を得ることができます。

その上、あなたが探しているなら Mac用の最高のオーディオインターフェース または最高 最も打撃が強い10インチのサブウーファー、ここにあなたのためのトップオプションがあります。

サイズ–スペースをどの程度使用しますか?

センターチャンネルスピーカーの予算エリアと実際のエリアを考慮すると、サイズは常に考慮することが重要です。

センターチャンネルスピーカーを選ぶとき、多くの人はサイズについて誤解するでしょう。 実を言うと、センターチャンネルのスピーカーのサイズが小さいからといって、大きいスピーカーに比べてパフォーマンスが低下するわけではありません。 したがって、センターチャンネルスピーカーをそのサイズだけで判断しないでください。

エリアの問題に戻りましょう。 一部のセンターチャンネルスピーカーのパフォーマンスは、それがどのくらいの面積にあるかによって異なります。小さな部屋がある場合は、比較的小さいスピーカーがそのスペースに適しています。 一方、小さなセンターチャンネルスピーカーは、広いエリアにはあまり適していません。 ですから、あなたの家やあなたがそれを置くことを計画した場所に最も適したセンターチャンネルスピーカーを選ぶことは非常に重要です。

美学–このスピーカーのデザインは私のお気に入りですか?

ほとんどの人はセンターチャンネルスピーカーをその性能とサイズで判断しますが、美学も重要な場合があります。

置く場所に適したセンターチャンネルスピーカーを選ぶことが重要です。 この場合、「場所」は面積を意味するものではありません。 代わりに、それは環境を意味します。 センターチャンネルスピーカーとリビングルームのデザインが合わないと、気づきにくいです。 または、すでに家にサラウンドスピーカーがいくつかある場合は、そこに不自然に見えるセンターチャンネルスピーカーを配置することはおそらく良い考えではありません。 場違いなセンターチャンネルスピーカーを置くことは本当に物事を台無しにするでしょう。

それほど重要ではないと思うからといって、センターチャンネルスピーカーの美しさを無視しないでください。 少なくともいくつかの考慮事項を与えます。 XNUMXつ購入すると、その外観のために返品すると、家のデザインや気分が台無しになる可能性があります。

互換性–他のセットアップでもうまく機能しますか?

センターチャンネルスピーカーを選ぶとき、互換性は常に重要です。 センターチャンネルスピーカーは他のオーディオ設定と接続する必要があるため、他のスピーカーと互換性があることを確認することが非常に重要です。

互換性は、美的感覚やサイズほど単純ではありません。 あなたが気にする必要があるそれには多くの未知の要因があります。 購入したセンターチャンネルスピーカーとその他のオーディオセットアップがXNUMXつの会社のものであっても、互換性に問題がある可能性があります。 互換性が常に保証されているわけではないので、それらについてもっと注意し、購入する前に必ずそれらについて尋ねる必要があります。 センターチャンネルスピーカーは統合されていないため、誰も返却したくありません。

コスト–予算に基づいてスピーカーを選択します。

上記の重要な要素を使ってスピーカーのチェックを終えたら、今度は予算を検討します。

センターチャンネルスピーカーが異なれば、ブランド、購入場所、センターチャンネルスピーカーの詳細な仕様によって価格が大きく異なります。 最善の選択は、予算を設定し、それを変更しないことです。 このように、単一の予算に固執することによって過剰支出が防止され、あなたはあなたが余裕があるセンターチャンネルスピーカーを手に入れるでしょう。

センターチャンネルのスピーカーはたくさんあるので、予算に合ったものがあります。 それはあなたに最適ではないかもしれないので、常に高価なものが最良であるとは思わないでください。


対話に最適なセンターチャンネルスピーカー

さて、センターチャンネルスピーカーを選ぶときに知っておくべき重要ないくつかの要素を理解したと思います。 ただし、使用するのに最適な特定のセンターチャンネルスピーカーに関するアドバイスが必要な場合は、以下のXNUMXをご覧ください。 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー お勧めします。

すべての予算に適したさまざまなセンタースピーカーが揃っているので、これらのセンターチャンネルスピーカーのコストを心配する必要はありません。

ポークオーディオシグネチャーシリーズS35

ポークオーディオシグネチャーシリーズS35

ポークオーディオの機器はたくさんありますが、ポークオーディオシグネチャーシリーズS35がこのリストでお勧めします。

ポークオーディオシグネチャーシリーズS35は、パワフルで便利なセンターチャンネルスピーカーが必要な場合に適したオプションです。 まず、ポークオーディオシグネチャーシリーズS35は、拡張ベースポートを利用できるデュアルポートテクノロジーを備えています。これは、このセンターチャンネルスピーカーが効果的に会話とサウンドを向上させることを意味します。 同時に、Polk Audio Signature Seriesには、音の邪魔を減らす機能があります。 さらに、このセンターチャンネルスピーカーは素晴らしい低音も提供します。

さらに、このチャンネルスピーカーは素晴らしい汎用性を備えています。 Polk Audio Signature Series S35は、9.1、7.1、5.1、3.1、2.1、および2.0のセットアップと互換性があります。 センターチャンネルスピーカーがこれほど多くのセットアップを備えていることはめったにないので、これは巨大です。 もう35つのボーナスとして、Polk Audio Signature Series SXNUMX自体は比較的コンパクトであるため、場所を見つけるのは難しくありません。

全体として、Polk Audio Signature Series S35は、ユーザーに明確な対話と素晴らしいオーディオ体験を提供できる素晴らしいセンターチャンネルスピーカーです。 それが対話のための最高のセンターチャンネルスピーカーのXNUMXつであることは間違いありません。

このセンターチャンネルスピーカーについての具体的な説明

  • 周波数応答:53 Hz - 40 kHz
  • 電力:20 – 150W
  • 感度:88dB
  • 寸法:6.1 "x 24.4" x 4.1 "インチ

Advantages

  • 非常にクリアな会話と素晴らしいオールラウンドオーディオを提供します
  • 幅広いセットアップと互換性があります
  • その場所を見つけるのはかなり簡単で、コンパクトで問題ありません
  • 価格に見合った価値、手頃な価格

不利益

  • 時々余分な低音がいくつかある可能性があります

KlipschR-52Cセンターチャンネルホームスピーカー

KlipschR-52Cセンターチャンネルホームスピーカー

ポークオーディオシグネチャーシリーズS35がKlipschR-52センターチャンネルホームスピーカーに登場した後。

前回のPolkと同様に、Klipschもさまざまな高品質のオーディオ機器を製造および提供する人気のブランドです。 Klipsch R-52Cセンターチャンネルスピーカーは、Klipschが提供する最高の機器の52つでもあります。 このチャンネルスピーカーはTractrixホーンを利用しており、会話と音が均等に分散されるようにします。 さらに、Tractrixホーンを使用すると、KlipschR-XNUMXCセンターチャンネルスピーカーも対話を改善する素晴らしい仕事をします。

Klipsch R-52Cセンターチャンネルスピーカーには、5.25インチのウーファーが52つあり、これらも優れた品質を備えています。 正直なところ、このセンターチャンネルスピーカーは、含まれているものと機能の品質が高いため、比較的手頃な価格です。 さらに、KlipschR-XNUMXCセンターチャンネルスピーカーは見栄えがします。 このチャンネルスピーカーの美学はそれがあなたの家に合うことを可能にします。 あなたがどんなデザインを持っていても、それはまだ見栄えがします。

Klipsch R-52Cセンターチャンネルスピーカーにはほとんど嫌いなものはありません。このスピーカーのデザインとパフォーマンスはすべて素晴らしいので、これは合理的です。 ただし、ユーザーが必要とする音量は予測できないため、おそらくクリプシュR-52Cセンターチャンネルスピーカーはもう少しパワーを必要とします。 しかし、これはほんのXNUMXつの小さな苦情です。

具体的な説明

  • 周波数応答:89Hz-21kHz
  • 電源:400w
  • 感度:95dB
  • 寸法:7.62 "x 18.75" x 7.3 "インチ

Advantages

  • クリスタルクリアな対話が提供されます
  • 比較的手頃な価格
  • 素晴らしい美学(どんな家のデザインにも合う素晴らしい外観)
  • バランスの取れたサウンドを提供します。

デメリット

  • おそらく、もう少しパワーを追加することができます。

KlipschRP-250Cセンターチャンネルスピーカー

KlipschRP-250Cセンターチャンネルスピーカー

Klipschが非常に優れたオーディオ機器を製造していると言ったときのことを覚えていますか? Klipsch RP-250Cセンターチャンネルスピーカーもその52つです。 音質の良いセンターチャンネルスピーカーであるため、この製品のコストは以前のR-XNUMXCよりも少し高くなっています。

Klipsch RP-250Cセンターチャンネルスピーカーは、引き続きダブルTractrixホーンを使用して、高品質のオーディオと対話を提供します。 さらに、このチャンネルスピーカーは歌詞とスピーチで素晴らしい仕事をし、特にそれらを強化します。 250つのTractrixホーンの他に、Klipsch RP-XNUMXCセンターチャンネルスピーカーには、ダブルウーファーとデュアルLTS(リニアトラベルサスペンション)が付属しています。 これらの部品を使用すると、スピーカーは音の歪みをより適切に減らすことができます。

Klipsch RP-250Cセンターチャンネルスピーカーの特定の部分を除いて、スピーカー自体もしっかりと構成されており、かなり頑丈です。 このスピーカーのデザインは、悪いニュースではないKlipschR-52Cセンターチャンネルホームスピーカーとそれほど変わりません。 これらXNUMXつも非常に似たサイズで、どちらもコンパクトなので、座る場所を簡単に見つけることができます。

オーディオ体験を向上させるために、低音のサブウーファーを提案する人がいます。 しかし、価格はおそらくあなたを先延ばしにするでしょう。 とはいえ、Klipsch RP-250Cセンターチャンネルスピーカーは、優れた対話と音質を提供する素晴らしいセンターチャネルスピーカーであり、対話にも最適なセンターチャネルスピーカーのXNUMXつになります。

具体的な説明

  • 周波数応答:60 Hz -25 kHz
  • 電源:100-400W
  • 感度:96dB
  • 寸法:10 X 18.5 X 6.9インチ

Advantages

  • 非常に明確な対話
  • オーディオの品質が向上しています
  • 人気があり有名なブランド、クリプシュがプロデュース
  • R-52Cと比較して、より強力で高性能です。
  • よく構築されています。 個体

デメリット

  • 低音にはサブウーファーが必要な場合があります。
  • サブウーファーを使用する場合でも、それ自体で使用する場合でも、非常に高価であり、予算に合わない場合があります。

パイオニアエリートSP-EC73アンドリュージョーンズホームオーディオセンターチャンネルスピーカー

パイオニアエリートSP-EC73アンドリュージョーンズホームオーディオセンターチャンネルスピーカー

Klipschを離れて、Pioneer Elite SP-EC73 AndrewJonesホームオーディオセンターチャンネルスピーカーに移ります。

この製品は、以前のセンターチャンネルスピーカーであるRP-250Cと同じ価格です。 ただし、このスピーカーは、他のスピーカーにはない独自の機能をいくつか提供します。 ユニークなのは、アルミニウムウーファーとパッシブラジエーターです。 この機能は、パイオニアエリートSP-EC73アンドリュージョーンズホームオーディオセンターチャンネルスピーカーが、プロセス中に余分な空気を取り除くことにより、より良いオーディオ品質を実現するのに役立ちます。 さらに、このプロセスはスピーカーの低音も改善することができます。

パイオニアエリートSP-EC73アンドリュージョーンズホームオーディオセンターチャンネルスピーカーを使用すると、ツイッターとウーファーの助けを借りて、明確な会話を受け取ることができます。 これらXNUMXつはシームレスに融合し、非常に明確な対話になります。

具体的な説明

  • 周波数応答:45 Hz〜20 kHZ
  • 電源:140W
  • 感度:85dB
  • 寸法:9.7 X 19.5 X 7.4インチ

Advantages

  • スピーカーは、より良い品質でより良いオーディオを生成するのに役立ちます
  • いくつかのユニークな機能が利用可能です
  • 素晴らしいデザイン

デメリット

  • それほど人気はありませんが

Cerwin-VegaSL-45Cクワッド5/1インチセンターチャンネルスピーカー

Cerwin-VegaSL-45Cクワッド5/1 "センターチャンネルスピーカー

最後になりましたが、Cerwin-VegaSL-45Cクワッド5/1インチセンターチャンネルスピーカー。 これ 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー 他のいくつかのスピーカーよりも比較的低価格ですが、それでも否定できない音質を提供します。

この製品は、特にホームシアターでの対話を改善することで、その仕事をうまく終えています。 このチャンネルスピーカーにはQuad5 1/4インチドライバーが搭載されているため、より優れたクリアなオ​​ーディオを提供できます。 さらに、Cerwin-VegaSL-45Cクアッド5/1インチセンターチャンネルスピーカーの設計は、共振ノイズの低減にも役立ちます。

また、そのデザインのため、このスピーカーは非常に互換性があり、簡単に設定できます。 以前のものと比較して、Cerwin-Vega SL-45C Quad 5/1インチセンターチャンネルスピーカーはそれほど完璧ではないかもしれません。 しかし、コストとそれが提供するものを考えると、結果はかなり印象的です。 だからこそ、対話に最適なセンターチャンネルスピーカーの4つになるでしょう。

具体的な説明

  • 周波数応答:55 Hz -26 kHz
  • 電力:300W(ピーク)
  • 感度:89dB
  • 寸法:6.52 X 27.58 X 7インチ

Advantages

  • よく対話とオーディオ
  • 圧倒されることなく提供される比較的まともな低音
  • むしろ高周波
  • 大きな価値

の結論 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー

XNUMX人は以上です 対話に最適なセンターチャンネルスピーカー。 XNUMXつすべてに異なる利点がありますが、全体として、それらはすべて大きな価値を提供する素晴らしいスピーカーです。 優れた会話と音声を提供できる優れたセンターチャンネルスピーカーを見つけた場合は、上記のXNUMXつを検討してください。 彼らはあなたを失望させません。

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。