PC /コンピューターからiPhoneを制御するためのトップ6ソリューション

PCからiPhoneを制御する? それも可能ですか? さて、この目標を簡単に達成するための実用的な解決策があります。

この記事の正確な目的は、これらの調整について説明し、コンピューターからiPhoneを簡単に制御できるようにすることです。

PCからiPhoneを制御するのが難しい理由は何ですか?

クラウドストレージソリューションにデータを保持することが最も効率的なアプローチであると信じているかもしれません。 つまり、どこからでもデータにアクセスできるようになります。

ただし、これには問題の機器へのアクセスは含まれず、他の手段によるリモート制御が必要になります。 何らかの理由でiOSデバイスへのリモートアクセスが必要になる場合がありますが、これは難しい作業です。

この問題は、PCにもiOSデバイスにもリモートアクセシビリティオプションが組み込まれていないために発生します。

最後に、PCからのリモートアクセスを許可する特別に作成された専用ツールのみが問題に対処できます。 ただし、一部のiOSデバイスには、リモート監視を支援できる機能が備わっている場合もあります。 とは言うものの、特定のプログラムはジェイルブレイクされたデバイスでのみ利用可能であり、あなたが望まないかもしれません。

PCからiOSデバイスを操作できるメソッド(またはハック)のリストから始めましょう。

PS:方法を理解しましょう Androidフォンをテレビにミラーリングする Wi-Fi/USBケーブルを使用します。


解決策1:TeamViewerを使用してPCからiPhoneをリモートで制御する

TeamViewerの QuickSupportは、iPhone用のこのリモートコントロールソリューションの名前であり、その豊富な機能セットでよく知られています。 PCからiPhoneを操作するために、どのPCからでもソリューションに簡単にアクセスできます。

このソフトウェアの最新バージョンには、画面を共有する機能が含まれていました。 これを使用して、iPhoneの表示画面を他の人と共有できます。 また、デバイスで何が起こっているかを確認することもできます。

これは、遠く離れた技術的な問題に対する答えを探すときに非常に役立ちます。 画面共有を使用して、他の人がそれぞれの問題を理解できるようにすることができます。 そして、もしあれば、解決策を提供してください。 画面共有の機能は、iOS11以降のデバイスでのみ使用できます。 TeamViewerソフトウェアは、最新の13バージョンに更新する必要があります。

この特定のアプリケーションを使用することの欠点は、iPhoneで限られた監視機能しか使用できないことです。 まあ、表示動作を見ることを除いて、必ずしもデバイスを完全に制御できるとは限りません。 したがって、この方法から得られる唯一の価値は、デバイスの問題をリモートで解決するのに役立つことです。

TeamViewerを使用してPCからiPhoneを制御する方法 

ターゲットiOSデバイスとして使用されるiPhoneまたはiPadにプログラムをインストールします。 次に、ターゲットデバイスでアプリを実行します。 次に、TeamViewerが一意のIDを自動的に生成するのを待つ必要があります。

TeamViewerをインストールします

今すぐコンピュータでソフトウェアを開きます。 ツールのプライマリインターフェイスで、「Remote Control」オプション。

その後、そのXNUMX番目のステップで指定したエントリIDを入力し、[ 超軽量 ボタン。 をアクティブにします スクリーンミラーリング 今すぐ機能します。 これを行うには、コントロールセンターの領域で画面を下にスワイプし、適切な選択肢を選択します。

TeamViewerを使用してPCからiPhoneを制御する方法

それがすべてでした。 チャットウィンドウを介して、コンピュータからiPhoneを操作できるようになります。 両方のデバイスで、このウィンドウがアクティブになります。


解決策2:Veencyを使用してPCからiPhoneを制御する

PCからiPhoneを制御する別の方法は次のとおりです。 この場合、Veencyというツールを使用しています。 優れた監視ソリューションを提供するもうXNUMXつの専門的なリモートデバイス制御ツールは、これです。 このソフトウェアの汎用性は、その最大の資産です。

画面共有に加えて、それが提供する他のいくつかの監視機能について言及しています。 Veencyプログラムを使用すると、リモートに配置されたiOSデバイスをほぼ完全に制御できます。

Veencyは、さまざまな強力な方法を使用して、それぞれのiOSデバイスをPCに接続します。 Veencyには、Tight VNC、UltraVNC、ChickenVNCなどの多数のクライアントがあります。 ターゲットデバイスでこのアプリケーションにアクセスするには、上記のクライアントを簡単にインストールできます。

Veencyプログラムを使用すると、対象のiOSデバイスで多くのことを達成できます。 ロック/ロック解除、アイコンの比率の変更、アプリのオープン、ギャラリーの確認、および多くのオプションがすべて利用可能です。

注:「ビーンシー」には重大な欠点があります。ターゲットのiOSデバイスをジェイルブレイクする必要があります。 このプログラムを使用するには、iPhoneをジェイルブレイクする必要があり、セキュリティに影響を与える可能性があります。 そのようなことを期待しない場合は、代替のリモートコントロールオプションを探す必要があります。

Veencyを使用してPCからiPhoneを制御する方法

  • 問題のiOSデバイスをジェイルブレイクして、コンピューターからiPhoneを制御するプロセスを開始します。  
  • 次に、同じスマートフォンでCydiaAppstoreを起動します。 Veencyというアプリケーションを検索します。
  • デバイスに、プログラムをインストールします。 プログラムは、インストールされるとすぐに動作を開始することに注意してください。 バックグラウンドで実行されるため、アプリのアイコンがデバイスのメイン画面に表示されない場合があります。
  • 今、あなたの携帯電話に行きます 設定。 に移動して電話のIPアドレスを確認します 無線LAN メニュー。
IPアドレス
  • PC上のVNCクライアントの領域にIPアドレスを入力する必要があります。 今すぐを押します 超軽量 ボタン。
画面共有
  • 接続が正常に確立されると、ターゲットiOSデバイスに接続要求が表示されます。 これを受け入れて、VNCクライアントを使用してターゲットiOSデバイスの画面をPCに投影し始めます。
Veencyを使用してPCからiPhoneを制御する方法

解決策3:ハンドオフを使用してPCからiPhoneを制御する

Appleは、iOSデバイスのリモートコントロールを可能にするソフトウェアも提供しています。これはあなたを驚かせるでしょう。 組み込み機能であるAppleのHandoffツールについて話しています。

これは、iPhoneを脱獄せずにiPhoneをMacbookにリンクするために使用できます。 ハンドオフはiOS8の新機能で、コンピューターからiPhoneを操作できます。

ハンドオフに関連する多くの異なる機能があります

  • ユーザーがMacbookの連絡先アプリケーションを使用して電話をかけたり受けたりできるようにします。
  • MacbookSafariのブラウジングエクスペリエンスを別のiOSデバイスに転送して続行します。
  • MacbookでiMessageや標準のSMSプラットフォームなどのiPhoneアプリへのアクセスを許可します。 次に、それらを使用してメッセージを送受信できます。
  • 新しいメモを作成し、iCloudアカウントに同期します。 これにより、どこからでも簡単にアクセスできるようになります。

ハンドオフを使用してPCからiPhoneを制御する方法

  • これでMacBookが開いているはずです。
  • 次に、ハンドオフ機能をオンにする必要があります。 これを行うには、に移動します システム環境設定。 その後、 全般 セクション。 選択する このMacとあなたのiCloudデバイス間のハンドオフを許可します プルダウンメニューから
このMacとあなたのiCloudデバイス間のハンドオフを許可します
  • 両方のiOSデバイスが同じiCloudIDでサインインしていることを確認します。
  • MacBook画面の下から上にスワイプすると、 アプリスイッチャー バー。 開いたら、を選択します 渡す アイコン。 すぐに、画面の右下隅にアイコンが表示されます。
iCloudのドライブ
  • これで、Macbookを使用してiPhoneのアクティビティを制御できます。

解決策4:AirServerを使用してPCからiPhoneを制御する 

AirServerを使用してPCからiPhoneを制御する

MacBookからiOSデバイスをより高度に制御したい場合は、 AirServer 道具。 このアプリケーションは、MacBookをAIRPLAYレシーバーに変換します。 MacBookは、iOSデバイスから直接ミラーリングデータを受信します。 最後に、PCを使用して、さまざまなアプリケーションでiPhoneを操作できます。

AirServerは、ワイヤレスで通信できるという点で他のサーバーとは異なります。 PCを使用して、ディスプレイの解像度やサイズの変更など、iOSデバイスを制御できます。リンクされたデバイスのタイプに応じて、他にもさまざまなことができます。

このアプリケーションの使用方法は?

  1. まず、Macbookにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。 以下の手順に従うだけで実行できます。 
  2. MacbookとiPhoneを信頼性の高いワイヤレスネットワークに接続します。
  3. iPhone画面の下から上にスワイプして、 コントロールセンター。 今すぐ選択 AirPlayミラーリング プルダウンメニューから
  4. AirPlayレシーバーが画面に表示されます。 まず、PC上のiOSデバイスの画面をミラーリングするために使用するAirPlayレシーバーを選択する必要があります。
  5. これで、Macbookと対象のiOSデバイスが接続されます。 これで、AirServerのAirPlay対応アプリを使用してiPhoneでコンテンツのストリーミングを開始できます。
  6. キャスティングスイッチがオンになっていて緑色になっていることを確認します。 これで、iPhoneの画面がMacbookに投影されます。

iPhoneにリンクされているMacbookで操作を実行するだけです。


解決策5:ISL Light.4を使用して、PCを使用してiPhoneを制御する

ISL Light.4

これは、PCからiPhoneを制御するためのもうXNUMXつの実用的なソリューションです。 このツールを使用すると、iOSデバイスを簡単に制御できます。 それでは、先に進んでそれが何であるかを学びましょう。

このアプリは、WindowsおよびLinuxPCでiOSデバイスをスクリーンキャストしたいユーザーにとっての天の恵みです。 このようなPCでは、ISLLightプログラムがiOSデバイスへのリモート接続を取得するための最良の方法です。

このプログラムを使用すると、完全なリモートコントロール機能を利用できます。 これは、PCや携帯電話などのさまざまなデバイスへのリモートアクセスを許可するための専用ソフトウェアです。

ISL Light.4 PCからiPhoneを操作するために使用される複雑なツールが豊富に含まれています。 また、トラブルシューティング、データの管理、カスタマイズなども理想的です。

このプログラムを使用して、コンピューターを介してiPhoneを制御する方法。  

USLLight.4の使用方法

コンピュータからiPhoneを制御する方法を以下に示します。

  • このソフトウェアをコンピュータにダウンロードすることから始めます。 Mac、Linux、およびWindowsコンピューターと互換性があり、それらのいずれかにダウンロードできます。
  • インストールマニュアルを使用してソフトウェアを正常にインストールした後、PCでソフトウェアを起動します。
  • 今こそ、ソフトウェアの使用を開始するときです。
  • 次に、iPhoneでソフトウェアを開きます。
  • ソフトウェアのPCセッションからセッションのコードを取得し、iPhoneと共有します。 これにより、両方のデバイスが即座にリンクされます。
  • 接続が正常に確立されたら、PCを介してiOSデバイスの監視を開始してください。

解決策6:WondershareMirrorGoを使用してPCからiPhoneを制御する[編集者の選択]

これは、PCからiPhoneを簡単に制御するために使用できる完璧なオプションです。 このツールの名前はWondershareMirrorGoです。

実際、スクリーンキャストは、他のデバイス上のすべてを制御および監視できる優れた方法です。 Wondershare MirrorGoを使用すると、そのタスクを簡単に実行できます。

このツールを使用すると、iPhoneの画面をPCの画面にキャストできます。 また、キーボードとマウスを使用してデバイスを完全に制御できます。

WondershareMirrorGoの機能

  • iOSデバイスをPCモニターに簡単にミラーリングできます
  • PCからリバースコントローラーとして使用できます
  • スクリーンショットをキャプチャしてPCに簡単に保存できます
  • PCを使用してiPhoneの通知を表示できます。

Wondershare MirrorGoを使用して、コンピューターからiPhoneを制御する

  • まず、iPhoneとPCをWiFiネットワークに接続します。
MirrorGo
  • MirrorGoをインストールし、それらのデバイスで開いて、使用を開始します。
WondershareMirrorGoを使用してPCからiPhoneを制御する

解決策7:拡張機能を使用してPCからiPhoneを制御する

Chromeのリモートデスクトップ PCからiPhoneを制御するために使用できるもうXNUMXつのオプションです。 ただし、これを実現するには、両方のデバイスで最新のChromeバージョンを実行する必要があります。 次に、iOSデバイスにデスクトップアプリをインストールする必要があります。 次に、以下の手順に従います。

  • まず、Googleアカウントにログインする必要があります。 次に、リモート接続のアクセス許可を提供します。
  • デスクトップホストユーティリティをインストールします
Chromeリモートデスクトップをダウンロードする
  • 次に、一意のPINを作成し、PCからiOSデバイスにアクセスするタイミングを確認します。
PINを作成する
  • 次に、iOSデバイスでアプリを開きます。 次に、接続するコンピューターを選択する必要があります。 PINをもう一度確認します。
拡張機能を使用してPCからiPhoneを制御する
  • それがその方法です。

だから、これらはあなたが問題なくPC/コンピュータからiPhoneを制御することを試みることができるオプションです。 この記事によると、最良のオプションはWondershareMirrorGoです。 それに関連する多くの優れた機能があり、それが私たちがそれをお勧めする理由です。

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。