DaVinci Resolve Speed Up Clip –その方法とその最良の選択肢

「DaVinciの解決再生速度を変更する方法を知っている人はいますか? 私はこのアプリケーションに不慣れで、それを使用してクリップを高速化する方法を考えています。 また、より良い代替案があれば、私に知らせてください。 前もって感謝します!" 

上記の質問はあなたに当てはまりますか? そうでない場合、簡単に言えば、あなたは疑問に思いますか DaVinci解決クリップ速度を上げる方法?

もしそうなら、この記事はそのタスクを簡単に達成する方法を説明します。 さらに、DaVinci Resolveが失敗した場合に検討できるように、ここでは最良の代替案について説明します。

さまざまな目標を達成するために、ビデオの速度を上げる必要があるかもしれません。 たとえば、視聴者の関心を維持するためにそうすることができます。

ほとんどの場合、ビデオの速度を調整すると、より魅力的になります。 DaVinci Resolveを使用して、ビデオを高速化する方法を見ていきます。 

一般的に受け入れられているように、DaVinci Resolveは、さまざまな効果でビデオを編集できる優れたアプリケーションです。

また、DaVinciResolveの再生速度の代わりに使用するより良いアプリについても説明しました。

パート1:DaVinci Resolve Clip Speed –それを行うXNUMXつの異なる方法

DaVinci Resolveをさまざまな方法で使用して、ビデオを高速化できます。 DaVinci Resolveを使用して、ビデオの速度を上げる方法を説明します。 今すぐ始めましょう。

PS:ここにあります Davinci Resolve VS PremiereProの完全な比較 あなたの参考のために。

次の方法でDavinciResolveの再生速度を上げる–一般的な手順

  • まず、メイン画面を表示するには、コンピューターでDaVinciResolveを起動する必要があります。 その後、「」というオプションをクリックできます。無題のプロジェクト"
  • ここで、「フィレット「。 その後、「」というオプションをクリックできます。メディアのインポート" 同様に。 次に、速度を上げる必要があるファイルをインポートできます。 次に、クリップをタイムラインにドラッグできます。

これで、DaVinciがスピードアップクリップを解決するために、以下に説明する方法のいずれかを使用できます。 要件に一致する方法を選択してください。

その上、あなたが疑問に思うなら iMovieにピクチャーインピクチャーを追加する方法 簡単に、このガイドをチェックする必要があります。

方法01:編集ページを使用してDavinci ResolveClipの速度を上げる 

  • まず、編集ページを起動する必要があります。 次に、画面のタイムラインに移動し、それぞれのクリップを右クリックします。 これで、クリップの速度を変更できます。
編集ページを使用して、DaVinciの解決クリップ速度を上げます
  • これで、必要な速度を入力できます。 パーセンテージで入力する必要があることに注意してください。 たとえば、200%と入力すると、DaVinciResolveの再生速度が2倍速くなります。 だから、それを覚えて、速度を入力してください。 さらに、それぞれの期間とFPS(Frames Per Second)を確認できます。
  • これで、「」というオプションをクリックできます。変更する「。 これが、DaVinciの解決クリップ速度を「ページの編集"

方法02:Davinciは速度調整を使用してスピードアップクリップを解決します

  • このオプションを使用するには、「」というオプションに移動する必要があります。ページをカット「。 その後、イコライザーアイコンも表示されます。 そのアイコンをクリックするだけで、スピードメーターが表示されて続行できます。 次に、そのアイコンをクリックして、速度パラメータを定義できるようにします。
  • これで、ビデオ速度を提供できます。 任意の値を入力して、スピードアップを確認できます。 また、速度に応じてクリップの長さも表示されます。 さらに、速度曲線を選択するオプションもあります。
DaVinciは、速度調整を使用してスピードアップクリップを解決します

それでおしまい。 これで、速度調整を使用してビデオクリップの速度を変更できます。

方法03:リタイムコントロールを使用する

  • このオプションを使用してDaVinci解決クリップの速度を上げるには、「編集」ページをもう一度。 次に、それぞれのクリップを右クリックします。 次に、「」というオプションをクリックします。リタイムコントロール「。 キーボードショートカットを使用して同じ機能にアクセスしたい場合は、「Ctrlキー"+"R"
リタイムコントロールを使用する
  • 上記のいずれかの方法を使用してリタイムコントロールにアクセスした後、パーセンテージアイコンをクリックします。 画面の下部(タイムライン内)にあります。
  • ここで、ドロップダウンメニューとして表示されるオプションをクリックする必要があります。 次に、「」というオプションに移動する必要があります。速度の変更" 同様に。 その後、必要に応じて速度を選択できます。

●DavinciResolve Speed UpClipの代替方法 

別の方法として、画面の再生ヘッドを移動するだけです。 「」と呼ばれる特定のポイントを作成する必要がある再生ヘッドを停止します。スピードポイント" 続行します。 その特定のドロップダウンメニューで、「」というオプションをクリックできます。スピードポイントを追加「。 その後、その特定の速度ポイントをドラッグして、必要な速度を変更できます。

方法04:「リタイムカーブ」と呼ばれるオプションを使用する

  • タイムラインでビデオを見つけ、右クリックして続行します。 その後、「」というオプションをクリックできます。リタイムカーブ"
DaVinci解決スピードアップクリップには「リタイムカーブ」と呼ばれるオプションを使用します
  • タイムラインを観察すると、カーブしていることがわかります。 [リタイムフレーム]ボタンがタイムラインに表示されます。 その下向きの矢印をクリックして、[リタイム速度]を選択します。 曲線を見ると、時間と速度がどのように関連しているかがわかります。 カーブを調整することで、ビデオの速度を変更することができます。

DavinciResolveについての最後のことわざ

DaVinciResolveの主なメリットとデメリットを以下に示します。

メリット

  • 専門家にとって、DaVinciResolveは必需品のようです。 DaVinci Resolveを使用して、テキストをビデオに追加したり、オーディオを編集したり、トランジションを追加したりできます。 また、このアプリケーションには多くの効果が含まれています。
  • DaVinci Resolveアプリケーションのカラーグレーディングは、他のどのアプリケーションにも匹敵しません。

デメリット

  • ほとんどのユーザーは、このアプリケーションの使用は非常に難しいと考えています。 初心者にとっては、操作が難しく、インストール時に問題が発生します。
  • DaVinciは、使用中に数人がクラッシュしました。 多くのユーザーは、このアプリケーションが期待したほどスムーズに実行されなかったと言います。

パート2:DavinciResolveの再生速度を上げるための代替手段 

DaVinci Resolveは間違いなく優れたビデオエディタですが、初心者に使用するのは非常に困難です。 多くの人々は、それが真新しいクライアントに多くの問題を引き起こすと信じています。 このため、それはかなり高価です。 その結果、誰もがアクセスできるわけではありません。 いくつかの方法でビデオを高速化する方法を紹介します。 追加のソフトウェア/ツールを使用してビデオを高速化することは、私たちの助けを借りて簡単です。

01. Filmora –MacとWindowsの両方

映画の編集は、これまでになく簡単になりました フィルモーラ。 この特定のアプリケーションを使用すると、わずか数秒または数分でビデオの速度を変更できます。 Filmoraにはシンプルなユーザーインターフェイスがあります。 ビデオの編集に関しては、ビデオ編集の予備知識さえ必要ありません。 Filmoraを使用すると、これらはビデオを高速化するための基本的な方法です。

  • まず、Filmoraをダウンロードしてインストールする必要があります。 次に、それを起動してメイン画面を表示します。 その後、「フィレットをクリックして新規プロジェクト"
  • ウィンドウを開くと、右上に[インポート]オプションが表示されます。 クリック メディアファイルのインポート ドロップダウンメニューでプロセスを開始します。
  • ビデオをメディアライブラリからタイムラインにドラッグして、ビデオタイムラインに追加します。
  • 次に、スピードメーターをクリックしてアクセスします。 速度と持続時間 タイムラインの上に表示されるツールバーのアイコン。 アイコンをクリックすると速度を変更できます。 好みの速度を選択できるメニューが表示されます。 次に、を押します OK ボタンをクリックして選択を確定します。
  • 速度を変更したら、結果を確認してください。 速度の問題は、必要に応じてリセットすることで簡単に修正できます。 編集が終了したら、ファイルを保存します。

使いやすい編集プログラム、Filmoraが利用可能です。 このツールは、他の基本的な編集機能の中でも、ビデオの回転、分割、およびトリミングに使用することもできます。 ビデオは、アニメーション、エフェクト、トランジション、書体で強化することもできます。

02. QuickTime Player –Mac用

QuickTime Playerの ビデオを再生するための優れたツールです。 映画は難なく見たり楽しんだりできます。 ソフトウェアのユーザーフレンドリーなデザインは、その最大の資産です。 使い方は簡単で、すべてを行います。 Mac用の使いやすいビデオプレーヤーをお探しの場合は、QuickTimePlayerをお勧めします。

QuickTime Playerを使用して、再生速度を調整できます。 マウスを数回クリックするだけで、ビデオの速度を簡単に遅くしたり速くしたりできます。 したがって、DaVinciResolveスピードアップクリップの代わりと見なすことができます。  

  • QuickTime Playerを使用して、ファイルを高速モードで再生することもできます。 ファイルを開くには、 フィレット > ファイルを開く メニューから。
  • 画面には、録音を再生するためのオプションが表示されます。 早送りが可能ですが、押すと動画がXNUMX倍高速になります。 オプションキーを押したまま、早送りボタンを使用して、より正確な結果を取得します。

ビデオ速度は、XNUMXつの簡単なアクションで変更できます。 QuickTime Playerの欠点は、オーディオエラーが発生することです。 速度を上げると音質が悪くなります。

QuickTime Playerの

03 EZGif –Webベースのツール

と呼ばれるWebベースのアプリケーション EZGif ほんの数秒であなたのビデオの速度を上げることができます。 この方法を使用すると、ビデオ速度を簡単に変更できます。 速度を変更するためにプログラムをダウンロードする必要はありません。 リンクをクリックするとすぐに行く準備ができています。 一度に数本のビデオを変換するだけでよい人に最適です。

  • Video Cloud Studioで EZGif アプリケーション。
EZGif
  • ドロップダウンメニューからファイルを選択します。 作業したいファイルを選択してください。 ビデオを追加するには、をクリックします 動画をアップロード ボタン。
  • 乗数はアップロード後に入力できます。 ビデオの速度を上げたい場合は、乗数をXNUMXより大きくする必要があります。 クリックしてください ビデオ速度を変更する ボタンを押して乗数を入力します。
  • 最終結果のダウンロードには時間がかかります。 準備ができたらすぐにファイルをダウンロードできます。

このWebベースのプログラムは、多くの時間と労力を節約します。 ビデオ編集はこのアプリで簡単です。 ただし、アップロードできる量には制限があります。 100MBを超えることはできません。 より多くのデータを保存できるように、プランをアップグレードすることを検討してください。


結論

複雑なツールであるDaVinciResolveには、その使用方法の詳細な説明が必要です。 これは、初心者の場合に特に当てはまります。 したがって、初心者の場合、DaVinciResolveを使用するのは明らかに難しいでしょう。 また、かなり高価な値札が付いています。

しかし、あなたがあなたの映画をスピードアップするのを助けるために、我々はいくつかの最も素晴らしいオプションをリストしました。 ユーザーフレンドリーなインターフェースのおかげで、Filmoraをお勧めします。 これを使用して、任意のビデオ編集タスクを実行できます。 つまり、DaVinciの解決クリップ速度を上げる代わりに使用できます。  

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。