キーボード入力の後方問題:解決策

なぜ私のことですか? キーボードの逆入力? –これは、特にWindows 10の導入後、インターネット上で最もよく聞かれるクエリのXNUMXつになりました。多くのユーザーは、キーボードを使用するための何らかのエラーが原因で、キーボードを使用して正しく入力できないと不満を漏らしています。逆方向に入力します。

これはかなり奇妙で苛立たしい問題です。 キーボードで入力していると想像してください。画面を見上げて、結果が逆になっていることを確認します。 この問題がどれほど厄介であるかを理解しているので、キーボードの逆入力の問題の解決策に役立つこの記事を作成しました。


キーボードが逆に入力されるのはなぜですか?

ほとんどの場合、これはシステム構成の問題です。 キーボードを修理しても、問題になることはめったにないため、役に立ちません。 Razor、Logitechユーザー、およびさまざまなブランドの他の多くのユーザーが同じ問題を経験しているため、これは間違いなくブランドの問題ではありません。 同じ理由として考えられるものを以下に示します。

  • キーボード設定が正しく設定されていない可能性があります。
  • キーボードドライバが破損しているか、古くなっているため。
  • 破損したシステムファイルが原因です。
  • 場所の設定が正しくありません。

この問題の可能な解決策について学ぶために読んでください。

PS:次のような問題が発生している場合 Windows 10キーボードが機能しない、ここにあなたのための最高のソリューションがあります。


キーボード入力の後方問題を修正する方法は?

解決策1:PCを再起動します

この記事の最初の解決策は簡単なものです。デバイスを再起動してみてください。 再起動するだけで、PCを悩ませている一連の技術的なエラーを修正できるのは当然のことです。 したがって、コンピュータを再起動することをお勧めします。これは、ユーザーがキーボードの逆入力の問題を修正するのに役立つ場合があるためです。 技術的な非互換性またはプログラムの欠陥のためにキーボードが逆方向に入力している場合は、単純な再起動で問題が解決します。

さらに、USBケーブルを使用してデバイスに接続する外部キーボードを使用する場合は、プラグを抜き差ししてから再度差し込んでください。 多くの場合、これも問題の解決に役立ちます。 キーボードを使用して書き込みを試して、まだ問題が発生していないかどうかを確認してください。 その場合は、次の修正に進みます。

解決策2:PCをハードリブートする

デバイスをハードリブートすることは、デバイスをリブートすることとほとんど同じですが、この場合、唯一の違いは、デバイスを完全にシャットダウンするのではなく、部分的にシャットダウンすることです。 確かに、ハードリブートプロセスはもう少し複雑ですが、通常、コンピュータが直面している可能性のあるいくつかの内部問題を修正します。

ハードリブートするには、最初に 電力 デスクトップまたはラップトップのどちらを使用しているかに関係なく、ボタンを30秒または40秒近く押します。 次、 バッテリーを取り出します お使いのデバイスの数分待ちます。 その後、バッテリーを挿入せずにアダプターを接続するだけで試してみることができます デバイスを再起動します 今回はキーボードを正しく使用できるかどうかを確認してください。 はいの場合は、デバイスをシャットダウンし、バッテリーを元の位置に戻し、デバイスの電源を入れて、問題が最終的に修正されるかどうかを確認します。

この修正を使用する前に、作業中のすべての進行中のプロセスまたはファイルを適切に保存してください。 ほとんどの場合、この方法は完全に機能し、キーボードの逆入力の問題に役立ちます。 そうでない場合は、心配する必要はありません。次の可能な解決策に進んでください。

解決策3:デバイスのリージョン設定を調整する

デバイスの位置設定により、キーボードがどのように機能するかが決まります。 世界中の多くの地域では、キーボードを右から左にセットすることを好みます。 PCで同じ設定が有効になっている場合は、問題が発生している可能性があります。 したがって、PCの設定に移動して、どのリージョンに設定されているかを確認することをお勧めします。 これを行うには、以下の手順に従います。

  • 起動する コントロールパネル デバイス上で、小さいアイコンと大きいアイコンのどちらを表示するかを選択します。
  • 次に、に移動します そしてそれを選択します(オプションはウィンドウのバージョンごとに異なる名前を持つことに注意してください)。
  • に行きます 所在地 タブ。 下 ホームロケーション、適切な地域を選択します。
デバイスのリージョン設定を調整する
  • 変更を保存した後、コンピューターを再起動します。

ここで、コンピュータの再起動を再開し、キーボードの逆入力の問題にまだ悩まされているかどうかを確認します。  

解決策4:キーボードのトラブルシューティング

長い間、ユーザーはキーボードの逆入力の問題に苦労してきました。 このような問題は、小さな技術的な障害が原因である可能性があります。 これらの問題に対処するには、多くの場合、簡単な手法で十分です。そのため、キーボードのトラブルシューティングを試すことができ、デバイスはキーボードの何が問題になっているのかを突き止めようとします。

あなたがしなければならないのはあなたのに行くことです スタートメニュー、 書きます トラブルシュータ、プレス 入力します。 [トラブルシューティング]ページに移動します。このページでは、[他の問題の検索と修正]というセクションを見つける必要があります。 その下で、 キーボード オプションをクリックし、 トラブルシューターを実行する ボタン。 その後は、画面に表示される指示に従うだけなので、通常はケーキウォークになります。 多くの場合、簡単なトラブルシューティングだけで問題を解決できます。 そうでない場合は、リストの次の解決策に進みましょう。

キーボードのトラブルシューティング

解決策5:キーボードドライバーをアップグレードする

システム内の欠陥のあるまたは廃止されたキーボードドライバは、ユーザーが逆方向に入力する原因となる可能性があります。 したがって、キーボードドライバを最新バージョンにアップグレードする必要があります。

ドライバーは次のXNUMXつの方法で更新できます。 手動で or 自動的に:

手動ドライバー更新 –ドライバーを手動で更新するには、キーボードのWebサイトにアクセスして、最新のキーボードドライバーを探す必要があります。 ドライバを手動でインストールします。 ただし、この方法では多くのユーザーに不足している可能性のある技術的なスキルだけでなく時間も必要になるため、これは一部の人にとっては少し注意が必要です。

自動ドライバー更新 –ドライバーを手動でインストールしてPCで実行するための時間やスキルはそれほどありません。 Driver Easyの助けを借りて、それがあなたのためにすべての仕事をするので、あなたはただ席を取り戻すことができます。

Driver Easy システムを確実に識別し、必要なドライバを見つけます。 Driver Easyを入手したら、料金がかかるのであまり心配する必要はありません。PCのシステムを確認する必要はなく、間違ったドライバーをダウンロードすることを恐れる必要もありません。 基本的に、Driver Easyはシステム自体を簡単に検出し、適切なドライバーを提案するため、XNUMXつの間違いについて心配する必要はありません。

Driver Easyを介してドライバーを更新する手順:

  • DriverEasyをダウンロードしてインストールします。
  • Driver Easyを起動し、[ 今すぐスキャン メニューから。 その後、Driver Easyは、問題のあるドライバーをシステムで検索する必要があります。
ドライバーイージー
  • 正しいバージョンのドライバーのダウンロードを開始するには、 アップデイト 強調表示されたキーボードの横にあるオプション(この機能は無料バージョンで利用できます)。 その後、PCにインストールしてください。
キーボードドライバーをアップグレードする
  • または、あなたができる別のことがあります。 あなたはプロバージョンに行くことができます、そしてそれのためにあなたは30日の返金保証によって裏付けられた適度な料金を払わなければなりません。 その後、選択する必要があります すべて更新 デバイスをダウンロードし、システムに破損または廃止された各ドライバーの正しいバージョンをインストールするため。 そうすることで、欠陥のあるすべてのドライバーが置き換えられ、PCがスムーズに動作しなくなる可能性があるため、将来の問題に直面するのを防ぐことができます。
  • 完了したら、変更を有効にするためにコンピューターを再起動します。

ここで、コンピューターを開いたら、入力を開始して、問題がまだ存在するかどうかを確認します。

解決策6:キーボードの入力方向を変更する

Windowsシステムでは、ユーザーはキーボードの方向を好きなように変更できます。 ショートカットとキーの組み合わせを変更するために使用できるものがいくつかありますが、ユーザーが誤ってショートカットを押してキーボードを逆方向に入力することがよくあるため、少し危険です。 ただし、適切なキーのセットを使用して元に戻すことができるため、心配する必要はありません。

キーボードの入力方向を変更する
  • キーボードを右から左に使用する場合は、を押します。 Ctrl +右Shift
  • キーボードを左から右に使用する場合は、を押します。 Ctrl +左Shift

もう一度書き始めて、問題が解決したかどうかを確認してください。

解決策7:ブート状態をクリーンアップしてキーボード入力の逆方向の問題を修正する

非常に簡単な方法を使用してPCのトラブルシューティングを行う方法についてはすでに説明しました。 クリーンブートを実行することにより、手動でさらにトラブルシューティングを行うことができます。 クリーンブートは、最小限のドライバーとスタートアップアプリケーションを備えたPCを起動します。 クリーンブートモードを使用してシステムを実行すると、事前に選択された基本的なドライバーのコレクションと起動アプリケーションが使用されます。 デバイスは特定の数のドライバーで起動するため、特定のアプリが意図したとおりに機能しない場合があります。

クリーンブート状態

クリーンブートデバッグは、パフォーマンスの問題を特定することを目的としています。 クリーンブートデバッグでは、一度に各操作を非アクティブ化または有効化し、各操作の後に再起動する必要があります。 問題が解消されれば、何らかのバグが原因であることがわかります。 このようにして、キーボードで問題を引き起こしているプログラムまたはサービスを特定できます。 このような手順を手動で行うと、デバイスの問題の基本的な理解が必要になるため、負担がかかり、非常に注意が必要になる可能性があることはすでに説明しました。 ただし、すべての解決策がある場合は、キーボードの逆入力の問題を解決できる可能性があるため、この方法を慎重に試してください。


いくつかのヒント

キーボードの逆入力は非常に一般的な問題になり、多くのWindowsユーザーを悩ませてきました。 明確な原因はありませんが、問題に二度と直面しないように注意すべきことがいくつかあります。

  • 誤動作を防ぐために、純正のウイルス対策ソフトウェアを使用してください。 Windowsファイアウォールは、コンピュータをある程度保護することしかできません。
  • 不一致や誤動作を避けるために、キーボードドライバを最新かつ適切な状態に保ちます。
  • ショートカットキーは注意して使用する必要があります。 それらを使用して、構成に害を及ぼさないことを確認してください。
  • Google ChromeやFirefoxなどの特定のアプリケーションでキーボードの逆入力が発生している場合は、不要なアドオンや拡張機能をインストールしていないことを確認してください。

キーボード入力の後方問題に関する最終的な考え

これでガイドは終わりです。 これらのXNUMXつのアプローチが、逆タイピングの問題に役立つことを願っています。 バグは数年前から人々に問題を引き起こしているので、私たちは他の人を助けたすべての実行可能な救済策を含めるようにしました。

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。