Libcef.dllが見つからないので、プログラムを実行できませんか? これらのソリューションをお試しください

多くのエラーコードにより、コンピューターでの作業ができなくなります。 それらのXNUMXつは、libcef.dllにエラーメッセージがありません。

このエラーメッセージは、Windowsユーザーがアプリケーションを実行しようとしたときに発生します。 さまざまな理由でlibcef.dllが発生し、問題が発生する可能性があります。

このウィンドウエラーコードはループに表示されることもあり、作業に影響を与えます。 

Libcef.dllがありません

したがって、この問題を解決するために、この投稿ではXNUMXつの簡単で迅速な解決策を追加しました。 このエラーを修正するための解決策を知るためにさらに読んでください。

libcef.dllとは何ですか?

Libcef.dllは、ChromiumEmbeddedFrameworkダイナミックリンクライブラリと呼ばれるファイルです。 一部のアプリケーションでは、正しく機能するためにこのファイルが必要です。

libcef.dllが見つからない場合、そのアプリケーションを実行しようとすると、さまざまなエラーが発生する可能性があります。 アプリケーションを実行しようとしたときに直面する可能性のある一般的なエラーのいくつかについて説明しました。 

以下はあなたが直面するかもしれない一般的なlibcef.dllメッセージのいくつかです。 

  • コンピュータシステムにlibcef.dllがないため、プログラムを起動できません。 この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてください。
  • libcef.dllの読み込み中にエラーが発生しました。 指定されたモジュールが見つかりませんでした。 
  • dllにエラーが含まれているか、Windowsで実行するように設計されていません。 元のインストールメディアを使用して、プログラムを再インストールします。 ソフトウェアベンダーの支援を受けるか、システム管理者に連絡することもできます。
  • システムはlibcef.dllを起動する問題に直面しています。 システムは指定されたモジュールを見つけることができません
  • libcef.dllが見つからないため、コード実行はそれ以上処理できません。 プログラムを再インストールして問題を解決してください。 

上記のメッセージは、libcef.dllがコンピュータシステムにないことを示しています。 ファイルパスがターゲットの場所にないか、ウイルス対策ソフトウェアがこのファイルを分離している可能性もあります。 この問題を解決するには、以下のXNUMXつの解決策に従うことができます。


解決策1:libcef.dllを置き換えて登録する 

多くの場合、libcef.dllファイルが破損しているため、特定のアプリケーションを実行できません。 この問題を修正するには、最初にlibcef.dllを置き換えて、手動で再登録する必要があります。

これを行う前に、コンピュータのシステムタイプを確認する必要があります。 システムタイプ(32ビットまたは64ビットのいずれか)は、コンピューターによって異なります。

まず、 Windows 及び I キーボードで一緒にキーを押して 'を開きます設定'Windowsの'に移動しますエントルピー' カテゴリー。 ペインの左側に、 'があります。企業概要'; クリックして。 次に、 'を確認しますシステムタイプ'ペインの右側にあります。

そこにあなたのコンピュータのシステムタイプがあります。 システムタイプが64ビットの場合は、以下の手順に従ってlibcef.dllエラーを置き換えて登録してください。 

その上、に関して エラー1068 または Vcomp110.dll Windows PCで見つかりませんでした、ここにあなたのためのトップソリューションがあります。

64ビットシステムの場合

1:[Windows'と'E'キーを一緒に開いて ファイルエクスプローラ.

2:パスを見つける C:\Windows\SysWOW64。 できなければ libcef.dllファイルを見つけるこのファイルは、同じバージョンとシステムタイプの別のコンピュータシステムからコピーできます。

3:ファイルの場所を確認してください。 プレス 'ウィンドウ'と'R'キーを一緒に懇願する'ラン' 窓。 入力 CMD 検索ボックスで、を押してから Shift, Ctrl, Enter 一緒に実行するキー 'コマンドプロンプト'管理者として。

4:コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力して'を押します入力します。 '

  • cd C:\Windows\SysWOW64

5:ここで、libcef.dllファイルを登録します 自分で システムタイプ regsvr32 libcef.dll.

libcef.dllを置き換えて登録します

上記のすべての手順を実行し、ファイルを正常に登録した後、コンピュータシステムを再起動し、libcef.dllが見つからないというメッセージが続くかどうかを確認します。

32ビットシステムの場合

libcef.dllファイルを32ビットで置き換えて登録するプロセスは、64ビットのシステムタイプとは異なります。 このファイルの場所とコマンドは、両方のシステムタイプで異なります。 libcef.dllが32ビットで欠落しているメッセージを修正するプロセスを知るために読んでください。 

1: 'を開くファイルエクスプローラ'ウィンドウとに移動します C:\Windows\System32。 次に、libcef.dllファイルをダウンロードまたはコピーします。 System32 フォルダにコピーします。

2: この後、 'ラン「ザ」コマンドプロンプト'管理者として次のコマンドを入力し、'を押します入力します。 '

  • cd C:\Windows\System32
  • regsvr32 libcef.dll

プログラムを正常に実行し、libcef.dllファイルを登録したら、コンピュータシステムを再起動します。 問題のあるアプリケーションを再度開き、libcef.dllを使用してプログラムを実行しているシステムにエラーコードがないかどうかを確認します。

また、修正方法を見つけましょう OpenAL32.dllが見つかりません Windows10の問題で簡単に。


解決策2:ウイルス対策ソフトウェアからディレクトリを削除します

多くのWindowsユーザーは、不要なマルウェアやウイルス攻撃からコンピューターシステムを保護するために、ウイルス対策ソフトウェアをインストールしています。 それはあなたのPCを保護するのに役立ちますが、数回それは不要なファイルとしてDDLファイルを検出し、そのファイルを分離します。 これにより、ファイルがシステムに応答しなくなります。

最初の解決策の後でもlibcef.dllにエラーコードがない場合は、ウイルス対策ソフトウェアで確認する必要があります。 ウイルス対策ソフトウェアでこの問題を修正するために理解するために読んでください。

以下のディレクトリのいずれかをウイルス対策ソフトウェアの除外リストに追加してみてください。 コンピュータのシステムタイプに応じて、XNUMXつのディレクトリについて説明しました。 

64ビットシステムを使用している場合は、次のディレクトリを除外リストに追加します。 

  • C:\Windows\SysWOW64  

32ビットシステムを使用している場合は、次のディレクトリを除外リストに追加します。

  • C:\Windows\System32

面倒なアプリケーションがSteamの場合は、以下のディレクトリを除外リストに追加してください。

  • C:\Program Files\Steam\bin

これらのディレクトリをウイルス対策ソフトウェアの除外リストに追加すると、ファイルがシステムコールに応答できるようになり、libcef.dllが見つからない場合、アプリケーションの実行中にエラーコードが表示されなくなります。 


解決策3:libcef.dllファイルを復元するためにドライバーを更新する

ドライバーは、ネットワークアダプター、プリンター、モニターなどとともに、Windowsオペレーティングシステムのソフトウェアとアプリケーションを更新します。さらに、Windows Update Centerから個別にダウンロードしてインストールするか、専用のユーティリティを使用できます。 

したがって、ドライバーのデバイスを使用してドライブを自動的に更新するか、ドライバーのデバイスを使用してドライブを手動で更新するかのXNUMXつのオプションがあります。

オプション1:Outbyte Driver Updaterを使用して、Windowsでドライバーを自動的に更新できます。 

1:ダウンロード アウトバイトドライバーアップデーター.

2:アプリケーションをインストールします。

3:今、アプリを起動します。 

4:この更新ソフトウェアは、古いドライバーまたは欠落しているドライバーを自動的にスキャンして更新します。

5: クリックしてください update ドライバーを自動的に更新するオプション。 

libcef.dllファイルを復元するためにドライバーを更新します

オプション2:ドライバーを手動で更新する

1: 'に移動します開始'メニューとタイプ'デバイスマネージャ'検索ボックスに。 メニューの最初の一致をクリックします。 

2:デバイスの名前を示すカテゴリを探します。 更新されたデバイスを右クリックします。

3: クリックしてください '自動検索更新されたドライバソフトウェアのy 'オプション。

4: 'を検索ドライバの更新'そしてそれをクリックします。

5:Windowsが新しいドライバーをナビゲートしない可能性があります。 このような場合、必要なすべての手順が記載されている製造元のWebサイトでドライバーを見つけることができます。 


解決策4:システムの復元を試して修正する libcef.dllが欠落しています エラー

システムの復元は、エラーを修正しようとしている場合に非常に便利な方法です。 したがって、欠落しているlibcef.dllを修正するには、この解決策を試して、libcef.dllファイルが破損していない日付にWindowsを復元することができます。

ただし、Windowsを以前の日付に復元すると、システム内のすべての新しい変更が削除されます。

以下の手順に従って、Windowsを以前の日付に復元し、libcef.dll欠落エラーをすばやく修正します。

1:[ウィンドウ'と'R'キーボードのキーを一緒に押して'を開きますラン' ダイアログボックス。

2:入力 rstrui ダイアログボックスで、「」をクリックします。OK'ボタンを押して'を押しますEnter。 '

システムの復元を試してlibcef.dllが見つからないエラーを修正してください

3: 'を検索別の復元ポイントを選択してください' の中に 'システムの復元'ウィンドウをクリックします。 その後、 'をクリックしますより多くの復元を表示'日付の完全なリストを表示します。 

4:ここで、Windowsを復元する日付を選択します。 libcef.dllファイルが破損していないときの回復日を選択することを忘れないでください。

5: クリックしてください ''ボタンをクリックしてから'をクリックします終了'プロセスを続行します。

すべての手順を実行した後、コンピュータは自動的に再起動し、選択した日付にデータとファイルを復元します。 これにより、libcef.dllが見つからないというエラーが解決されます。 


結論

この投稿では、libcef.dllの欠落しているエラーを修正するためのXNUMXつの簡単で迅速な解決策について説明しました。 この問題を解決するために、すべての解決策をXNUMXつずつ試すことができます。 この投稿に記載されている以外の解決策がある場合は、以下にコメントしてお知らせください。  

ジャック

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。