ショットカット対Openshot –どちらが良いですか?

Openshotとの比較。 ショットカットは、多くの読者から必要とされることがよくあります。 彼らの要件を満たすために、私たちは調査中に見つけた情報を使用してこの記事を作成しました。

だから、先に進んでこれを読んでください ShotcutとOpenshotの比較.


Openshot Vs. ショットカット 

インターネット上のコンテンツに関連する傾向は進化しています。 したがって、コンテンツを扱う人は、コンテンツの最新の傾向について知っておく必要があります。

最新のトレンドによると、ビデオを使用して作成されたコンテンツに対する大きな需要があります。 さて、この傾向は長く続く可能性があります。 真実は、それがコンテンツの世界で他のすべてのマーケティング戦術をすでに追い越しているということです。

トレンドにとどまるために、あなたは魅力的で、魅力的で、説得力のあるビデオを作成することになっています。

このようなタスクを実行するには、優れたビデオ編集ソフトウェアツールが必要です。 OpenshotとShotCutは、検討できるXNUMXつの優れたオプションです。

これらのアプリケーションは両方とも、固有の特性を備えています。 一部の個人は、XNUMXつのオプションのどちらが優れているかを知りたいと思っています。 そのグループに所属している場合は、OpenshotとOpenshotの公平な比較を読むことをお勧めします。 ショットカット。

幸いなことに、OpenshotとShotCutはどちらも無料のアプリケーションです。 したがって、ビデオ編集タスクにいくらかのお金を投資したくない場合は、これらのオプションが最適です。 しかし、彼らの能力を知ることはあなたにそれについてのより良い考えを与えるでしょう。

ビデオ編集を手に取るときは、その互換性も確認する必要があります。 つまり、PCと互換性があるかどうかを確認する必要があります。

そうは言っても、この問題に関連するすべてを次の段落で説明します。 だから、先に進んで、ShotcutとOpenshotの比較を読んでください。


ショットカット対Openshot | Openshot

openshot

Openshot Windows以外のMacやLinuxなどのプラットフォームと互換性があるように設計されています。 さて、あなたがビデオを編集するための便利で迅速な方法を探しているなら、Openshotは理想的な選択です。 この無料でありながらプロフェッショナルなアプリケーションを使用して、サイズ変更、スケーリング、回転、トリミングなどのタスクを実行できます。これは、オーディオをミキシングする機能に加えて行われます。

このオープンソースアプリケーションは、いくつかの3Dアニメーションツールも提供します。 キャプチャされたフレームに、飛行テキスト、雪、レンズフレアなどの効果を追加できます。 それに加えて、クロマキー機能も備えています。 したがって、このOpenshotVsでは。 ショットカットの比較、その全体的な機能に感謝します。

ソフトウェアパッケージは130MBのファイルとして提供されます。 実際、Shotcutの400倍の大きさです。 ただし、ビデオ編集アプリケーションに関しては、これは大きなサイズではありません。 また、さまざまな要素と効果を提供します。 たとえば、40を超えるトランジション効果、XNUMXを超えるベクタータイトルテンプレートなどがあります。

Openshotに関連するもう4つの利点は、一般的なすべてのビデオ形式と互換性があることです。 つまり、HEVC 264K、AVI、H.XNUMXなどのさまざまな形式で出力ビデオを保存できます。

ただし、Openshotで大規模なプロジェクトを処理する場合、定期的にクラッシュする傾向があり、それは残念です。 まあ、それはこのアプリケーションで経験するかもしれない最も厄介な欠点かもしれません。

ただし、ソーシャルメディアにアップロードする目的で一部のビデオを編集する場合は、Openshotが最適です。

Openshotの利点

Openshotをビデオエディタとして使用することで期待できるメリットを以下に示します。

  • それはあなたのビデオをとても美しくすることができるトランジションの広い範囲を持っています。
  • より良い品質をもたらすために、幅広いオーディオ編集オプションをサポートします。
  • 使いやすいユーザーインターフェイスを備えており、ユーザーは簡単に機能にアクセスできます。
  • 共通のウィンドウからビデオを見ることができます。
  • 使用できるベクタータイトルテンプレートは40以上あります

デメリット

  • 大規模なプロジェクトを処理するときはいつでも、遅延やクラッシュのケースが発生します。
  • 直面する可能性のある問題を修正するための迅速な解決策はないため、待つ必要があります。
  • ビデオの編集とデコードに関しては、GPUアクセラレーションをうまく使用していません。
  • ソーシャルメディア用に作成したビデオに適用できる既製のプリセットはありません。
  • キャプチャされたビデオの微調整に関しては、柔軟性はありません。

PS:ここが最高です Minecraftスクリーンレコーダー 試してみてください。


ショットカット対Openshot | ShotCut

ショットカット

このOpenshotVsで確認する予定の他のエントリ。 ショットカットの比較は ショットカット。 4K品質でより良い出力品質が期待される場合は、ShotCutが最適なオプションです。 一方、それは広範囲のファイル形式と完全に互換性があります。

これにより、ユーザーはフレームレートのミキシングやマッチングなど、さまざまなタスクを実行できます。 プロジェクトの解決策を決めることもできます。

このShotcutとOpenshotのレビューでは、このアプリケーションには多くのオーディオ編集オプションがあることに言及する必要があります。 複数のビデオトラックとたくさんのエフェクトのおかげで、ほとんど何でもできるようになります。  

このツールを使用すると、ビデオに魅力を追加したり、ビデオの作成を行ったりすることができます。 色補正オプションと一緒にクリエイティブなトランジションを挿入できます。 これらのビデオに360度フィルターを追加し、必要に応じて再生速度を変更することもできます。 また、オブジェクトにキーフレームを設定したり、その他のさまざまなタスクを実行したりすることもできます。

ネイティブのタイムラインで終了します。 その結果、ビデオのインポートが冗長なタスクになります。 スプライシング、トラックのロック、複数のトラックの編集など、ほとんどすべてを試すことができます。このアプリケーションのインターフェイスは非常に洗練されており、直感的です。

だから、このOpenshot対で。 Shotcutのレビューでは、このアプリケーションにも同様の敬意を払う必要があります。 しかし、安定性の点で対応するものよりも優れていると示唆する人もいます。

ShotCutの利点

  • このアプリケーションのインターフェースは信じられないほど簡単で、フレンドリーなナビゲーションを備えています。
  • 幅広いファイル形式と互換性があります。
  • ソースコード(オープンソースアプリケーション)を変更して、より優れたセキュリティ対策を追加できます。  
  • それはビデオとオーディオ効果の非常に印象的なコレクションを持っています。 それらを組み合わせて、目を引く効果のある完璧なビデオ製品を構築できます。
  • ビデオフィルターの装飾用のキーフレームを追加することができます。

デメリット

  • Shotcut.exeを使用してビデオファイルを編集すると、Shotcut.exeなどのエラーが発生します。
  • 映画のスライドショーやモンタージュを作成するためのトランジションはあまりありません。
  • SRTおよびSUBファイルに関しては十分なサポートがありません。

Openshot Vs. ショットカットの比較

このOpenshotVsについてより明確なアイデアを提供します。 ショットカットの比較、以下の表を作成しました。

Openshot ショットカット
OSとの互換性 Windows、Linux、およびmacOSで動作します Windows、Linux、およびmacOSで動作します
ハードウェアアクセラレーション 実験レベルでの支援 Movitを介したOpenGL、WebVfxを介したWebGL
切断、分割、マージ、および回転 あり あり
キーフレーム あり あり
トランジションエフェクトプリセット あり いいえ
ビデオ安定化 サポートしていません サポート
ウェブカメラ/オーディオキャプチャ 互換性がありません 互換性のあります
たくさんのオーディオフィルター 利用できない 利用できます
360度ビデオフィルターと3D効果 互換性がありません 互換性のあります
スナップショット 互換性がありません 互換性のあります
インスタント共有機能 利用できない 利用できます
HD / 4K解像度と互換性があります 互換性のあります 互換性がありません

ビデオコンテンツが非常に重要である理由

OpenshotVsに行く前に。 ショットカットの比較、ビデオコンテンツが非常に重要である理由を理解しましょう。

実際、ビデオコンテンツマーケティングは、特定のオンラインプロファイルを最大化するためにビデオコンテンツをブランド化するプロセスです。 YouTube、Vimeo、Daily Motionなど、さまざまなプラットフォームを介して動画を公開できます。

また、ソーシャルメディアを通じて公開することもできます。 それとは別に、ビデオコンテンツは、ウェビナー、チュートリアル、レッスン、およびデモンストレーションに広く使用されています。 あなたがそれをうまく扱うならば、ビデオはあなたのメッセージを広めるために非常に強力な方法で働くことができます。

また、ビデオコンテンツはウイルスに感染することが多く、人々は長い段落を読むよりもビデオを見る傾向があります。 また、ビデオコンテンツはB2CおよびB2Bコンテンツマーケティング戦略に取り組んでいます。

ビデオコンテンツマーケティングの最も良い点は、素晴らしいビデオを作成するための新しいツールがあることです。 多数のオプションがあり、マーケターは最近それらをあらゆる可能な方法で使用する傾向があります。 適切な種類のビデオ編集ツールを選択すれば、ビデオを編集するために専門家を雇う必要はありません。 代わりに、DIYタスクとして単独でそれを行うことができます。

簡単な方法で製品を説明するとき、ビデオコンテンツは信じられないほど便利になります。 マーケターの95%以上が、ビデオコンテンツがクライアントベースにより多くの理解と認識をもたらすことを示唆しています。 あなたはすでに、顧客があなたの製品を本当に理解している場合にのみ購入することを知っています。

また、ビデオコンテンツは、長い段落やページを読むよりも見るのが楽しいです。 人々は、ソーシャルメディア上で、楽しく、新鮮で、ユニークなコンテンツで構成されるビデオコンテンツを共有するのが大好きです。 したがって、マーケティング担当者は、この動作を活用して、ビデオを通じて製品をマーケティングできます。


結論

これで、最も重要な詳細について説明しました。 Openshot Vs. ショットカット レビューそれを巻き上げましょう。 OpenshotとShotCutの両方が、ビデオを編集するための非常に便利なプラットフォームであることは事実です。

ただし、GPUアクセラレーションに必要なサポートは提供されません。 そのため、品質が著しく低下した4Kビデオを制作しています。

これを書いている時点で ShotcutとOpenshot レビューによると、OpenGLはShotCutでのみ利用可能でした。 Openshotにも導入されることを願っています。

ただし、実際には、これらのアプリケーションはどちらも通常のビデオ編集タスクに適しています。 それらは必然的に無料のアプリケーションであり、それらを試すために何も支払う必要はありません。

これらを使用すると、ビデオを分割、マージ、切り取り、切り抜き、およびいくつかの効果を追加できます。 背景効果を追加または削除する可能性があります。 また、いくつかのオーディオ編集オプションを提供します。

風などのバックグラウンドノイズを除去したい場合は、これらのアプリのいずれかを使用できます。 さまざまなファイル形式をサポートしているため、さまざまなデバイスで記録されたファイルを追加できます。

あなたが知っておくべきことは、これらのビデオ編集アプリケーションは初心者にとって理想的であるということです。 機能を見ると、プロとしてのパフォーマンスが不足していることがわかります。

したがって、このShotcutとOpenshotのレビューでは、その事実についても言及する必要があります。 プロフェッショナルな出力が必要な場合は、プロフェッショナルな機能を備えた有料アプリケーションを使用する必要があります。

ジャック

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。