Outlookの読み込みプロファイルがスタックしましたか? –今すぐ簡単に修正しましょう

Outlookの読み込みプロファイルがスタックしました 多くのユーザーから報告された問題です。 Outlookが正しく開かず、実行中のプログラムに何らかの不具合があるというこの問題に直面しているWindows10の報告があります。 これは、Outlook365から2007までのすべてのOutlookバージョンが直面する最も一般的な問題のXNUMXつです。

ユーザーは、この問題に関する一般的なパターンを観察しています。 ユーザーがOutlookをインストール、ダウンロード、およびインストールすると、プログラムは適切に読み込まれます。

しばらくすると、Outlookプログラムがしばらくハングします。 それはただ示しています'プロファイルを読み込んでいます' 画面上。 このメッセージは、ユーザーが強制的に閉じるまで画面に残ります。

Outlookの読み込みプロファイルがスタックしました

Outlookの読み込みプロファイルがスタックすることは、多くのユーザーを異なる方法でテストする問題です。 「Outlookを起動できません」と表示され、少しでも読み込まれない場合があります。

あなたが現在この問題に直面している多くのユーザーのXNUMX人である場合、それを理解して排除する方法についていくつかの提案があります。 この問題を解決するのに役立つXNUMX以上の方法について説明しました。

これらのメソッドは、ユーザーがWindowsOutlookをジャンプスタートするのに役立ちます。 問題の処理を開始する前に、問題の原因を理解することが重要です。

以下は、Outlookの読み込みプロファイルのスタックの問題につながる原因のリストです。

  • Outlookプロファイルが破損する
  • ナビゲーションパネルの不具合
  • OST / PSTファイルに欠陥がある可能性があります
  • Outlookプログラムが互換モードで起動する
  • プログラムが管理者特権モードで起動していない可能性があります
  • 不良なアドイン

上記は、Outlookの読み込みプロファイルで問題が発生し、Outlookプログラムがスムーズに実行されない主な問題の一部です。 この理解があれば、問題の診断が容易になります。

以下に説明する方法を使用する前に知っておくべき最も重要なことのXNUMXつは、Outlookプログラムに障害があるかどうか、またはインストールが不完全または不適切な結果であるかどうかを確認することです。

診断方法を適用する前に、プログラムをアンインストールして問題をダウンロードし、Outlookの読み込みプロファイルのスタックの問題を修正してみてください。 新しいダウンロードとインストールを行っても問題が解決しない場合は、以下に説明する多くの方法のいずれかを適用して問題を解決してください。

1.管理者としてOutlookプログラムを実行します

これは、Outlookの問題を解決する最も簡単な方法のXNUMXつです。 Outlookプログラムを修正するこの方法は、安価で簡単に見えるかもしれません。 とても簡単に見えるので、ユーザーはそれが時間の無駄だと感じるかもしれません。

しかし、それは多くのユーザーがOutlookを修正して再実行するのに役立ちました。 この修正は、Windows 10で非常にうまく機能します。オペレーティングシステムが異なる他のユーザーも、この方法を試すことができます。

右クリックする必要があります OUTLOOK.EXE クリックして 管理者として実行 表示されるXNUMX番目のアイコン。 念のため、OUTLOOK.EXEを右クリックしても、[管理者として実行]オプションが表示されない場合は、[C]ドライブのプログラムファイルに移動します。 ここで、実行可能プログラムが見つかる可能性があります。

管理者としてOutlookプログラムを実行する

PS:Outlookが電子メールを受信しないなどの問題が発生している場合は、次の方法が最適です。

2.互換性Outlookの設定を無効にします

Windows10がWindows7互換モードでOutlookプログラムを起動することを決定したのは不思議です。 多くのユーザーは、互換モードを無効にしてOutlookを実行することで問題を解決しました。

Outlookの読み込みプロファイルのスタックの問題を解決するには、このガイドを確認してください。

  • 互換モードを無効にするには、コンピューター上のOutlookファイルの場所を見つけます。 ほとんどの場合、それはコンピュータのCドライブです。 ファイルの場所を見つけたら、OUTLOOK.EXEを右クリックすると、新しいアイコンのリストが開きます。 その中からプロパティを選択します。
Outlookの互換性設定を無効にする
  • [プロパティ]タブをクリックすると、新しいページが開き、そこから[互換性]オプションを選択します。 COMPATIBILITYアイコンの横にあるオプションの選択を解除します。 このプログラムを互換モードで実行します。.
互換性のあるOutlook設定を無効にして、Outlookの読み込みプロファイルのスタックエラーを解決します
  • 完了したら、選択内容を適用して最後のステップに進みます。
  • Outlookプログラムをもう一度開いて、動作するかどうかを確認してください。 プログラムにLOADINGPROFILEが表示されない場合は、成功です。

3.ナビゲーションパネルをリセットします

ナビゲーションパネルは、Outlookの画面の左側にあります。 ここからタスク、カレンダー、連絡先、メールに簡単にアクセスできます。 知っておく必要がある最も重要なことのXNUMXつは、Outlookの実行と効率的な実行に簡単に影響を与える可能性があることです。 プログラムがうまく起動しないことさえあります。

Outlookの読み込みプロファイルがスタックする問題に対処するための解決策があります。 プログラムを復元し、グリッチやエラーなしでスムーズに実行できるようにする簡単な修正を入手しました。

Outlookプログラムを完全に閉じる必要があります。 その後、 RUN を押してコメントボックス Windows + R 一緒。 コメントボックスが開いたら、次のように入力します。 outlook.exe/resetnavpane。 押す ENTER コメントを入力したら。 その後、Outlookプログラムはデフォルトの状態にリセットされ、適切に開きます。

ナビゲーションパネルをリセットして、Outlookの読み込みプロファイルのスタックを修正します

4.機内モードを試す

この手法は非常に簡単に聞こえますが、多くのユーザーにとってはうまくいきました。 一時的なものかもしれませんが、これが機能するかどうかをいつでも確認することができます。 多くのユーザーは、プログラムの読み込み中にインターネット信号を中断すると、最初のOutlook読み込みプロファイルのスタックの問題を超えることができると報告しました。

インターネットから切断する方法はたくさんあります。 機内モードを選択するのに最適な方法をお勧めします。これは、アクティブ化と非アクティブ化が非常に簡単だからです。

コンピューターで機内モードをアクティブにする前に、Outlookプログラムを閉じると、ダイアログボックスを含むプログラムとともにすべてが開きます。

その後、タスクバーの右隅にあるネットワークアイコンをクリックします。 ネットワークアイコンをクリックすると、飛行機のアイコンが表示されます。 をアクティブにします 機内モード.

飛行機モードを試して、Outlookの読み込みプロファイルのスタックの問題を修正してください

機内モードを有効にしたら、Outlookプログラムに移動して、機能するかどうかを確認します。 そうでない場合は、数秒または数分待ってから、Outlookの読み込みプロファイルのスタック画面を通過します。

プログラムが機能し始めたら、機内モードを無効にすると、すべての連絡先、メール、カレンダーの詳細の読み込みが再開されます。

5.セーフモード

すべてのアドインを無効にして、Outlookをセーフモードで起動することをお勧めします。 アドインは機能を強化するため、Outlookを魅力的なものにすることを理解しています。 しかし、それらはプログラムが経験する不具合の理由でもあります。

この問題を解決するには、Outlookをセーフモードで開き、アドインを無効にしてみてください。 また、アドインがOutlookの読み込みプロファイルのスタックの問題に直面している理由であるかどうかを理解するのにも役立ちます。 セーフモードに入る前にOutlookプログラムを完全に閉じて、アドインを無効にします。

その後、を押してRUNコメントボックスを開きます。 Windows + R 一緒。 コメントボックスが開いたら、次のように入力します。 outlook.exe/safe。 押す ENTER コメントを入力したら。 プログラムはセーフモードで起動します。 プログラムからOutlookプロファイルの確認を求められた場合は、確認してください。

セーフモード

ファイルアイコンを開き、オプションを選択します。 [アドイン]をクリックして、[管理]を選択します。 次のステップで、COM ADD-INSをクリックし、最後にGOを押します。 Outlookを閉じる前に、すべてのアドインの選択を解除し、[OK]を押します。 上記のすべてを実行した後、プログラムを再起動します。

セーフモード
セーフモード
Outlookの読み込みプロファイルをセーフモードでスタックして修復する

6.データファイルを修復します

Outlookの読み込みプロファイルがスタックする問題を解決するのに役立つもうXNUMXつのすばらしいソリューションを提案します。 フォルダに対して一般的な修復を実行することは、問題を解決するための効果的な解決策です。

この診断を開始する前に、Outlookプログラムを閉じてください。 Cドライブのプログラムファイルを開きます。 タイプ SCANPST.exe ページの右隅にある検索セクションで。 PSTファイルを参照します。 PSTの読み込みが完了したら、STARTを押します。

データファイルを修復する
データファイルを修復する
データファイルを修復する

プロセスが終了すると、問題はダイアログボックスの前に表示されます。 選択する必要があります 修復 ファイルのバックアップを作成します。 修復が完了したら、Outlookを開いてみてください。

データファイルを修復する

7.新しいプロファイル

破損したプロファイルを削除する前に、新しいプロファイルを作成してみてください。 プログラムが正しく起動するのに役立つ場合があります。

  • このプロセスを開始する前にOutlookを閉じます。
  • その後、を押してRUNコメントボックスを開きます。 Windows キープラス R 一緒に。
  • コメントボックスが開いたら、次のように入力します。 mlcfg32.cpl。 押す ENTER コメントを入力したら。
新しいプロフィール
  • 次の項目を選択します。: プロファイルを表示する.
新しいプロフィール
  • [追加...]を選択して、新しいプロファイルを追加します。
新しいプロフィール
新しいプロフィール
  • 自動メールアカウントを使用してアカウントを構成します。
  • 新しいプロファイルが作成されたら、[初期メール]ウィンドウからデフォルトの選択肢にします。
Outlookの読み込みプロファイルのスタックエラーを解決するための新しいプロファイル
  • 選択内容を保存して、Outlookを再起動します。

8.アップデートをアンインストールします

多くのユーザーから、最新の.NETアップデートをアンインストールすると、Outlookの読み込みプロファイルが動かなくなる問題が解決すると報告されています。

  • を押してRUNコメントボックスを開きます。 Windows + R 一緒。 コメントボックスが開いたら、次のように入力します。 appwiz.cpl。 押す ENTER.
appwiz.cplと
  • Micrososft.NETの更新を見つけ、4.5.2をアンインストールします。
更新プログラムをアンインストールして、Outlookの読み込みプロファイルのスタックの問題を修正します

これにより、プログラムがスムーズに実行されます。

9.バックグラウンドアプリケーションを閉じます

Outlookプログラムによって実行されているバックグラウンドアプリケーションを閉じることをお勧めします。 これらのバックグラウンドアプリケーションは、Outlookの読み込みプロファイルがスタックする問題を引き起こす可能性があります。

開いた C:\Users\(username)\AppData\Local\。 このフォルダにファイルを残してみてください。 ファイルの名前変更に成功すると、作業は完了です。 ファイルの名前を変更できない場合は、タスクマネージャーを開き、すべてのバックグラウンドアプリケーションを閉じます。 Outlookが正しく機能しているかどうかをもう一度確認してください。

10.プロファイルを削除する

Outlookプロファイルは、しばらくすると破損する可能性があります。 これにより、Outlookの読み込みプロファイルがスタックします。 このため、プロファイルを削除することが重要です。

  • WindowsキーとRを同時に押して、RUNコメントボックスを開きます。 コメントボックスが開いたら、「Control」 この後、 ENTER.
  • 選択 'ユーザーアカウント'コントロールパネルで、 郵便物。 すべてのプロファイルを選択して「削除します。 '
  • 行った変更を適用して、[OK]をクリックします。
  • を押して、RUNコメントボックスを再度開きます。 Windows + R 一緒。 コメントボックスが開いたら、次のように入力します。 Regedit。 次に、 ENTER.
regeditを
  • 開いた HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft
  • プロファイルを削除して、プログラムを再開します。 新しいプロファイルを作成する前に、クレデンシャルを入力するように求められます。

11.リリースIP

一部のユーザーは、Outlookの読み込みプロファイルがスタックする問題がIPを解放した後に解決されたと報告しています。 このためには、次の手順に従う必要があります。

  • を押してRUNコメントボックスを開きます。 Windows + R 一緒。 コメントボックスが開いたら、「cmd」 押す SHIFT+CTRL+ENTER
  • 種類 ipconfig/renew を押し ENTER.
  • 次の項目を選択します。: すべてのフォルダを送信/受信、この後、プログラムはスムーズに実行される可能性があります。

多くの問題が忍び寄り、Outlookの適切な機能を妨げる可能性があります。 Outlookの読み込みプロファイルがスタックするという問題を解決するには、段階的なアプローチに従うことをお勧めします。

診断を開始する前に、問題の原因を突き止めてください。 原因を理解したら、11の方法を適用して問題を解決します。 Outlookを使用して楽しい時間を過ごしてください!

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。