AppleデバイスでJamf MDMプロファイルを簡単に削除する方法

さまざまな理由から、AppleデバイスでJamfMDMプロファイルを削除する方法を知りたがっている人もいます。 同じ質問がある場合は、正しいガイドを読んでいます。

ここでは、AppleデバイスでJamf MDMプロファイルを削除し、監視せずにデバイスを使用する方法について説明します。

パート1。JamfMDMプロファイルの概要

Jamf MDMは、可能な限り簡単な条件でiOSデバイスにリモートアクセスできるユニークなApple製品です。 多くの場合、企業はこのツールを使用して、従業員に分散されているiOSデバイスにアクセスできます。

そうすることで、彼らは従業員がiOSデバイスで何をしているのかを監視することを期待しています。 Jamf MDMは、他のApple製品とも連携して動作します。

たとえば、Apple Business Manager、Apple School Manager、およびVolume PurchasingProgramをサポートしています。 Jamf MDMアクティベーションは、主にプロファイル構成や新しいポリシー共有などの領域に適用されます。

ジャムフ

JamfMDMの使用

一般に、Jamf MDMは、大規模なビジネス組織で働くITマネージャーによって広く使用されています。 これは、MSOfficeSuiteなどのソフトウェアの更新を展開するために使用されます。 さらに、従業員が使用するiPadやiPhoneなどのiOSデバイスを追跡できます。

Jamf MDMを使用すると、組織の管理者は使用するコンテンツを制御およびアクセスすることもできます。 これらすべての側面は、JamfMDMが雇用者にとって便利な機能であることを示唆しています。 ただし、従業員の観点からは、JamfMDMは問題を引き起こす可能性があります。 他の人に自分の活動を監視してほしくない人にとっては深刻な問題になる可能性があります。

Jamf MDMを使用できるのは誰ですか?

実際、Jmf MDMは、より組織化された運用を維持したい人にとって非常に便利なツールです。 これは、ソフトウェア業界、高等教育セクター、および教育管理のニッチで人気があります。

今日の時点で、この特定の機能は英国や米国などの国で人気があります。 英国では、この機能は、前述のカテゴリに分類される組織の78%で使用されています。

46人以上の従業員を抱える企業の1000%以上が、この機能をさまざまな方法で使用しています。 また、中小企業の43%と中小企業の11%がこのソフトウェアを使用して効率を向上させています。 したがって、これは、従業員を追跡したいビジネス組織にとって非常に便利です。

ただし、さまざまな理由により、この機能をiOSデバイスから削除したいという人もいます。 同じカテゴリに分類され、AppleデバイスでJamf MDMプロファイルを削除する方法を知りたいですか? その場合は、この記事の次のセクションが役に立ちます。

以下に、AppleデバイスでJamfMDMプロファイルを削除する方法を知りたい人のためのXNUMXつの簡単な方法について説明します。 これらの方法のいくつかは他の方法よりも簡単であることに注意してください。 また、方法の全体的な成功率は異なる場合があります。

それに加えて、この記事には非常に印象的なプロフェッショナルツールが含まれています。 したがって、このガイドのパート02を読み続け、それらの方法について学びます。


パート2:AppleデバイスでJamfMDMプロファイルを削除する最も簡単な方法

前に述べたように、このセクションでは、JamfMDMプロファイルを削除する方法について説明します。 試すべきXNUMXつの実用的な方法があります。

解決策01:Tenorshare4uKeyを使用してAppleデバイスのJamfMDMプロファイルを削除する

JamfMDM機能に精通していない人がたくさんいる可能性があります。 そのため、AppleデバイスでJamfMDMプロファイルを削除するための技術的なスキルや知識がありません。 あなたがその一人である場合でも、心配しないでください。簡単な解決策があります。

簡単に言えば、これはJamfMDMを削除するための最も便利で成功した方法である可能性があります。 このツールの名前は Tenorshare 4uKey。 このツールは、世界中の何千人ものユーザーにすでに認識されています。

さらに、この専門家 MDMバイパスツール iOSデバイスに適用されている他のロックを削除できます。

Tenorshare 4uKeyの機能

  • 初心者でも非常に使いやすいソフトウェアと考えられています。
  • AppleデバイスでJamfMDMプロファイルを削除するのにXNUMX回クリックするだけです。
  • Jamf MDMプロファイルが削除されると、iOSデバイスへの完全なアクセス権が付与されます。
  • このツールを使用するために、iOSデバイスのユーザー名またはパスコードを持っている必要はありません。
  • Jamf MDMプロファイルを削除すると、誰もデバイスを監視できなくなります。
  • 優れた成功率で、世界中の何千人ものユーザーから信頼されています。
  • 4uKeyは、Apple ID、利用時間、制限パスコードなどを簡単に削除することもできます。

Tenorshare4uKeyを使用してAppleデバイスのJamfMDMプロファイルを正常に削除する方法

以下に、Tenorshare4uKeyを使用してJamfMDMプロファイルを削除するためのステップバイステップガイドを示します。

  • 最初のステップとして、公式WebサイトからTenorshare4uKeyをコンピューターにダウンロードする必要があります。 その後、インストールして起動し、ホーム画面を表示する必要があります。 ホーム画面に、「」というオプションが表示されます。MDMをバイパスする「。 続行するにはそれを選択してください。
  • 次に、正規のUSBケーブルを使用して、それぞれのiOSデバイスを同じコンピューターに接続します。
  • MDM構成でiPhoneまたはiPadをバイパスするには、「開始」オプションを選択して、次の手順に進みます。
  • 数分待つと、iPhoneまたはiPadがTenorshare4uKeyによって自動的にバイパスされます。
  • プロセスが100%完了すると、デバイスのMDMが正常に削除されました。

iOSデバイスをリセットすると、JamfMDMの制限が復元されることに注意してください。 ただし、Tenorshare 4uKeyを再度使用するだけで、同じ制限を解除できます。

デバイスを頻繁にリセットすることはないので、これは大きな問題にはなりません。 そのため、JamfMDMの制限を回避するための最も便利な方法はTenorshare4uKeyです。

解決策02:iOSデバイスをJamfSchoolから削除する

これは、登録を解除する前にデバイスを管理解除できる別の方法です。 それぞれのデバイスが管理されていない場合、デバイスで管理を実行することはできません。 したがって、以下の手順に従ってデバイスの登録を解除できます。

  • 最初のステップとして、Jamf Schoolを起動し、「Devices」オプション。 次に、「デバイス–サイドバー"
Jamf SchoolからiOSデバイスを削除する
  • XNUMX番目のステップは、登録を解除するデバイスをクリックして選択することです。
  • ここで、「登録解除" オプション。 その後、「デバイスの登録を解除"オプション。
Jamf SchoolからiOSデバイスを削除する
  • その後、デバイスは管理されていないデバイスとして表示されます。 誰でも削除または削除できます。 デバイスを取り外すには、以下の手順に従ってください。

これで、デバイスは管理対象外として表示され、削除または削除できるようになります。 デバイスを削除するには、以下の手順に従ってください。

また、方法を理解しましょう iPhoneから管理プロファイルを削除する.

解決策03:JamfSchoolからiOSデバイスの登録を解除する

この方法を使用して、AppleデバイスのJamfMDMプロファイルを完全に削除できます。 また、このオプションは元に戻せないことに注意してください。

また、この方法は、管理されていないiOSデバイスにのみ適用できます。 したがって、デバイスの管理を解除する前に、デバイスの登録を解除する必要があります。

  • Jamf Schoolを起動し、「Devices" オプション。 その後、「デバイス-サイドバー"
Jamf SchoolからiOSデバイスを削除する
  • 次に、削除するデバイスを選択する必要があります。
  • 最後のステップとして、「ゴミ箱に移動します" オプション。 その後、「OK「。 デバイスがすでにDEPに登録されている場合は、iActivateを使用して登録を解除します。 以下に、それを実行するための手順を示します。
  • に行きます「デバイス"オプション。
  • 次に、「ライフサイクル」アイコン。
  • 次に、「登録状況"オプション。
Jamf SchoolからiOSデバイスの登録を解除する
  • DEPプロファイルから削除するiPadまたはiPhoneを選択します。
Jamf SchoolからiOSデバイスの登録を解除する
  • 最後に、「プロフィールを削除します"

解決策04:macOSのコマンドラインからAppleデバイスのJamfMDMプロファイルを削除する

MacでMDMプロファイルを削除する場合は、管理者権限が必要です。 管理者アクセスがない場合は実行できません。

一般に、MacでJamfMDMプロファイルを削除する主な方法はXNUMXつあります。 「システム環境設定」または「対応プロファイル」(CLI経由)。

以下に、macOSコンピューターからこれらのプロファイルを削除する手順を示します。

  • Macを再起動します。
  • "システム環境設定」および「オープンなプライバシーとセキュリティ「。 次に、「個人情報保護"を選択し、完全なディスクアクセス「。 その後、ロックアイコンを使用してロックを解除します。
  • 次に、端子を追加します。
  • 以下のコマンドを必ず入力してください。

‘sudo jamf -removeFramework’, Enterを押します。
‘sudo -i’ (この後、Enterキーを押してパスワードを入力します)。
‘cd /var/db/’, Enterを押します。
‘mv ConfigurationProfiles ConfigurationProfilesOLD’、Enterキーを押します。
‘logout’, Enterを押します。

必ず「入力しますコマンドの各行を入力した後、「」キー。

  • 次に、コンピュータを再起動します。
macOSのコマンドラインからJamfプロファイルを削除する

それでおしまい。 ご覧のとおり、Tenorshare 4uKeyは、AppleデバイスでJamfMDMプロファイルを削除するための最も便利な方法です。

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。