iPhoneから管理プロファイルを削除する方法は?

「やあみんな、どうしたらいいのかしら iPhoneから管理プロファイルを削除する。 それを行うための実用的で適切な方法はありますか? または、それも可能ですか? ただ興味があるだけ。 私にお知らせください。"

上記の段落は、何らかの形であなたに関係していますか? または、iPhoneで管理プロファイルを削除する方法を探していますか、それともMDMプロファイルとは何か疑問に思っていますか? その場合、あなたはあなたが望むちょうどいい種類の情報で正しい記事を読んでいます。

iOSデバイスには、会社または学校によってインストールされたMDMプロファイルが付属していることを前提としています。 その場合、デバイスでいくつかの制限が発生している可能性があります。 一部の人にとっては、電話を使用するたびに資格情報を入力する必要があるのは良い例です。 言うまでもなく、彼らがなしでやりたいのは迷惑です。 iPhoneから管理プロファイルを削除する必要がある理由は関係ありません。 この記事の目的は、自分でそれを行う方法を示すことです。


パート1:はじめに– MDMプロファイルとは何ですか?

可能な限り簡単に言えば、MDMは「」と呼ばれる用語の短縮形です。モバイルデバイス管理"

このプロトコルを使用すると、システム管理者はiOSデバイスをリモートで制御できます。 集中型サーバーからデバイスにコマンドを送信するだけで、ネットワーク上でそれを実行します。

MDMサービスにより、管理者はiPhoneおよびiPadをリモートで制御できます。 彼または彼女は、プロファイルを調べたり、削除したり、追加したりすることができます。 また、パスコードを削除して、担当するデバイスをワイプすることもできます。 ほとんどすべてのiPhoneユーザーは、その側面のために管理プロファイルiPhoneを削除したいと思うでしょう。

構成プロファイルは、実際には、設定を一元的およびリモートで管理するために使用されるMDMの一種です。

これらの設定は、さまざまな重要なデバイス機能に関連しています。 iPadのこれらのプロファイルには、多くの場合、Wi-Fi、電子メール、およびその他のアカウント設定が含まれています。 モバイルコーディングファイルは、Webページ、電子メール、またはAppleの設定ソフトウェアを使用してロードできます。

たとえば、携帯電話会社はAPN(アクセスポイント名)セットアッププロファイルを配布する場合があります。 このプロファイルは顧客に配布されます。 これにより、iPhoneまたはiPadでデータ構成を構成できます。 この場合、重要な情報をすべて手動で入力する必要はありません。

構成ファイルは、悪意のある個人が自分の利益のために作成することもできます。 ルート証明書は、デバイスのデータにアクセスする可能性のあるAppStoreの一部のアプリによってインストールされる場合があります。 その結果、あなたの個人情報が危険にさらされる可能性があります。 iPadにアプリとその構成ファイルがある場合は、それらの両方を削除します。 これにより、他のデータが保護されます。

MDMプロファイルとは

簡単に言うと、MDMを使用すると、管理者はプロファイルと指示をデバイスにリモートで通信できます。

MDMによってデバイスに制限が課されているため、アプリをインストールできません。 実際、これは単にMDMロック画面によって引き起こされる最も一般的な問題です。 それを有効にするには、ユーザーの名前とパスワードを入力する必要があります。 そのような機能を備えた電話を持っている人は明らかに本当に頭痛の種です。 ただし、心配する必要はありません。 それはすべて世話をされています。 それをチェックして、この記事の次の数段落で理解してください。

iPhoneで管理プロファイルを削除する

パート2:iPhoneプロフェッショナルツールを使用して管理プロファイルを削除する 

iPhoneで管理プロファイルを削除したいのですが、ログイン情報とパスワードがわかりませんか? もしそうなら、Tenorshareはあなたの問題に対する解決策を持っています。 パスワードなしで、 Tenorshare 4uKey iPhoneまたはiPadの管理プロファイルを消去できます。 さらに、MDMロックをバイパスしても、iPhoneのデータは破壊されません。

iPhoneのMDMプロファイルを削除する方法については、以下で概説されている方法をお読みください。

  • まず、Tenorshare 4uKeyをコンピューター(PCまたはMac)にダウンロードする必要があります。 その後、アプリケーションを起動してホーム画面を表示する必要があります。 次に、それを実行する必要があります。 「」というオプションをクリックしますMDMをバイパスする"
4uキー
  • iPhoneを同じコ​​ンピュータに接続します。 これを行うには、必ずライトニングケーブルを使用してください。
  • 「オプション」をクリックします希釈水" 続行します。 その後、4uKeyが管理プロファイルiPhoneを削除するために機能していることがわかります。
4uKeyを使用してiPhoneの管理プロファイルを削除する
  • 4uKeyは、iPhoneがXNUMX分ほどで管理プロファイルを正常に削除します。 今すぐiPhoneをチェックしてください。

デバイスで工場出荷時のリセットを実行すると、MDMが再表示されることに注意してください。 その場合、同じプロセスに従って同じロックをバイパスする必要があります。


パート3:MDMプロファイルの削除プロセスとは何ですか–それに関するいくつかのヒント

管理プロファイルiPhoneを削除する方法を理解しようとしていますが、障害にぶつかっていますか? または、MDMを完全に削除する必要があるかどうかわからないですか?

まあ、あなたはそれについて心配する必要はありません。 質問に対する回答は、以下のFAQセクションにあります。

それに、ここは最高です MDMバイパスツール あなたはチェックアウトする必要があります。

iPhoneの削除管理プロファイルを実行するにはどうすればよいですか?

ええと、「設定管理対象Androidの「」メニュー項目を使用してMDMをアンインストールできます。

  • に行きます「設定管理対象電話の」メニューを選択し、そこで変更を加えます。
  • その後、「セキュリティ"
  • 「をオフにすることができますデバイス管理者」コントロールパネルに移動し、そのオプションを選択します。 下 "設定"、 探す "アプリケーション「」をクリックします。
  • MDMエージェントは、「ManageEngineモバイルデバイスマネージャープラス"

iPhoneからMDMを削除する場合のオプションは何ですか?

あなたは確かにできます。 iPhoneを復元し、MDMを削除する方法を確認してください。

  • デバイス管理」は「全般設定の」セクションにあり、下にスクロールしてアクセスできます。
  • それが終わったらすぐに、「MDM「 次に、「管理を削除する。」 このボタンをクリックすると、MDMプロファイルを削除できます。
  • 求められたら、パスワードを入力します。 MDMはデバイスに存在しなくなりました。
iPhoneの管理プロファイルを直接削除する

iPhoneのMDMロックを回避するにはどうすればよいですか?

iActivate」ツールを使用すると、iPhoneMDMロックを解除できます。 セキュリティ上の理由から、モバイルデバイスの管理プロファイルを無効にすることをお勧めします。 iPhoneのIMEI番号を調べて、MDMロック解除を注文します。 「iActivate」からのユーティリティ https://iactivate.host、次の手順に進みます。

「」というアプリを起動しますiActivate」ケーブルを使用してiOSデバイスをPCに接続した後。 次に、「」というボタンを押します。iActivate」サーバー。 その後、しばらくお待ちください。MDM」アカウントは上書きされます。 MDMが無効になったので、通常どおり電話を使用できます。

MDMの支援を受けてiPhoneでファクトリリセットを実行するにはどうすればよいですか?

追加のモバイルデバイス管理方法を使用したくない場合は、iPhoneMDMを削除してください。 お使いの携帯電話がMDMに登録されている場合は、iPhoneで適切な管理コマンドを実行できます。 これらのコマンドを使用すると、デバイスをワイプ、消去、または復元することもできます。 「デバイスの消去」はiPhoneで工場出荷時のリセットを実行します。

管理プロファイルiPhone(Company Manager)を削除するにはどうすればよいですか?

コンピューターなしでiPadからMDMをアンインストールするには、次の手順に従います。 iPhoneやその他のiDeviceもこの影響を受けることに注意してください。

  • まず、「」というオプションを選択する必要があります設定" 続行します。
  • を見つける "全般」領域を下にスクロールしてタップします。
  • 次に、「デバイス管理表示されるドロップダウンメニューから」。
  • 次に、「MDMプロファイル」をタップして。
  • 管理を削除するには、「管理を削除するコンテキストメニューから」。 この時点で、パスコードの入力を求められる場合があります。 パスワードは正しく入力する必要があります。
  • iPhoneの会社のマネージャーがアンインストールされました。

パート4。MDMについて他に知っておくべきこと

Appleの機能について最初に注意すべき点は、その全体的な意味です。 モバイルデバイスの管理は、MDMの略です。 このプロトコルを使用すると、組織の管理担当者は会社のすべてのiOSデバイスを簡単に追跡できます。 Apple Device Managerは、完全に受け入れられる名前です。

たとえば、従業員の職場の電話に特定のアプリをインストールするとします。 その場合は、iOSデバイスごとに個別に行う必要があります。 よく過ごした時間はこのように無駄になります! MDMプロトコルの独自性の結果として、スマートフォンにソフトウェアを簡単にインストールできます。 それはユーザーの許可を必要としないです。 お子様が使用できるアプリと使用できないアプリを引き続き制御できることに注意してください。

Apple BusinessManagerまたはAppleSchool ManagerをMDMとして識別できますか?

Apple School Managerは、Apple Business Managerとも呼ばれ、よく知っておくべき他の何かです。 Apple SchoolManagerまたはAppleのBusinessManager MDMですか? これは、最もよくある質問のXNUMXつです。

一言で言えば、Appleのビジネスマネージャーは、企業がiDeviceでより効率的に運営することを可能にします。 IT管​​理者は、ビジネスマネージャーを使用して、会社所有のiOSデバイスに特定のアプリを強制的にインストールできます。 管理対象のAppleIDは、Apple BusinessManagerを介して従業員用に作成できます。 基本的に、これはMDMと連携して機能するWebベースのゲートウェイです。

Apple School Managerは、学校の管理者によって付けられた名前です。 Apple School Managerは、エンタープライズソフトウェアと同様に、学校の管理者にiPhoneを管理する機能を提供します。 それは一元化された場所からです。 つまり、管理者はWebベースのゲートウェイを使用してiOSデバイスをMDMに登録できます。 さらに重要なことに、スマートフォンとの物理的な相互作用はありません。

このデバイス管理を削除すると、デバイスはどうなりますか?

MDMAppleのビジネスマネージャーを削除した場合の影響を理解することが重要です。 確かに、プロトコルを削除した場合に何が起こるかを知ることは、将来の不快なショックを回避するのに役立ちます。 デバイス登録プログラムサーバーからiOSデバイスを削除するプロセスがその答えです。 お使いの携帯電話がまだモバイルマネージャーにあるのは事実です。

ただし、このプロトコルを再度インストールするには、DEPに再登録する必要があります。 それとは別に、このプロセスは会社のデータを完全に消去します。 DEPのおかげで、iPhoneからMDMプロトコルを削除することはほぼ不可能です。 AppleのDEP対応スマートフォンには制限がありません。 Configurator 2.5以降では、お客様はiOS11以降のデバイスに手動でDEPを追加できます。


結論

つまり、MDMプロファイルとは何か、そしてそれを取り除く方法については以上です。 ご覧のとおり、iPhoneから管理プロファイルを簡単に削除することができます。 主なことは、正しいツールを選択し、正しい手順に従う必要があるということです。 たとえば、4uKeyのようなツールを使用する場合、iPhoneの削除管理プロファイルは非常に簡単です。 管理プロファイルiPhoneを削除する他の方法を知っていますか? もしそうなら、私たちの読者とあなたの知識を共有してください。

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。