Unsecapp.exe for WMI Client Application –完全なレビュー

Unsecapp.exe あなたのWindowsオペレーティングシステムの奇妙なプログラムではありません。 実際、unsecapp.exeは、Windows Management Instrumentation(WMIとも呼ばれます)サブシステムの一部です。

Windowsユーザーは、必ずしも意図的に開いて操作する必要はありません。 ただし、バックグラウンドで重要な目的のためにオペレーティングシステム自体によって使用されます。

Unsecapp

Unsecapp.exeは、システム内のプログラムと対応するリモートサーバー間の通信回線を確立する上で重要な役割を果たします。 これは、特にリモートサーバーの支援を必要とするプログラムを起動するときに非常に役立つことを意味します。

これは、特にVoIPテクノロジーに基づいて動作するアプリの場合に当てはまります。 この場合、Unsecappは、それぞれのソフトウェアとそれに対応するサーバーをブリッジするツールとして機能します。

冒頭で述べたように、ユーザーはクリックしたり、他の手法を使用してunsecapp.exeを起動する必要はありません。 代わりに、プログラムが開いて対応するリモートサーバーとの通信を試みると、自動的に開始されます。

Vistaを除くすべてのWindowsオペレーティングシステムには、必要な場合にのみ起動するこのツールがあります。 ただし、Windows Vistaでは、コンピュータの起動時にそれぞれのサービスが自動的に開始されます。

unsecapp.exeの概要

前に述べたように、 unsecapp.exe Windows Management Instrumentationの一部です。 このプロセスは、Windowsオペレーティングシステムに精通している技術者によって、シンクと呼ばれることがよくあります。 それらは、WMIクライアントに向けられた非同期コールバックを受信するように設計されたコールバックバリデーターとして識別されます。

WMIの目的は、ソフトウェア開発者がスクリプトとプログラムを記述できるようにすることです。 これらのプログラムは、プログラム、ユーザーアカウント、クエリデバイスなどを実行するように設計されています。

それに加えて、WindowsサービスやWindowsOSの他の内部的な側面を実行するために使用されます。 この場合、WMIはインフラストラクチャの最も重要な側面のXNUMXつと見なされます。 これは、Windowsオペレーティングシステムでの管理データと操作に関連しています。

WMIプログラミングの支援が必要なプログラムがある場合は、unsecapp.exeを開く必要があります。 これに応答して、オペレーティングシステムはunsecapp.exeをトリガーします。 この特別なツールは、コンピューターシステムのWMIクエリを介して送信された結果を受け取ります。

実際には、 unsecapp.exe コンジットの役割を果たします(これはしばしば呼び出されます) シンク)。 WMIのクエリと関連するコマンドを、そのような接続を要求するプログラムに送信します。

PS:問題に直面している場合 モダンセットアップホスト 動作を停止しました。クリックして修正してください。

unsecapp.exeがランダムに起動した場合はどうなりますか?

前述したように、 unsecapp.exe プログラムがサーバーに接続する必要があるときにいつでも開始することを意図しています。 Windows Vistaでは、システムの起動時に自動的に開きます。 ただし、一部のユーザーは、unsecapp.exeが特定の理由なしにシステムでランダムに起動することに気付きます。

ただし、実際には、プログラムがサーバーと通信するたびに発生します。 しかし、あなたはそのプログラムを認識していないので、それは理由もなく起こると思います。

大多数のユーザーにとって、このインスタンスは新しいアプリケーションソフトウェアをインストールした後に発生する可能性があります。 その特定のソフトウェアが外部サーバーとの接続を必要とする場合、unsecapp.exeが自動的に起動します。 結果として、あなたはそれが理由もなく始まったと思います。

このタイプのインスタンスは、VoIPベースのアプリをシステムにインストールしている場合に特に発生する可能性があります。 たとえば、SkypeやDiscordなどのアプリケーションは、OSがunsecapp.exeを開くようにトリガーできます。

それに加えて、SteamやOriginのようなゲームソフトウェアはそのような要件を作成することができます。 また、ウイルス対策プログラムとメッセージングプラットフォームがunsecapp.exeをトリガーすることも知っておく必要があります。 一言で言えば、unsecapp.exeは、リモート接続を必要とするアプリケーションを開くたびにトリガーされます。

興味深いことに、一部のユーザーは誤って unsecapp.exe Avastアンチウイルスプログラムと関係があります。 その結果、unsecapp.exeを削除する目的でアバストアンチウイルスをアンインストールする傾向があります。

残念ながら、 unsecapp.exe これはアバストアンチウイルススイートの一部ではないため、以前の状態のままになります。 真実は、この特定のツールは、アバストだけでなく、あらゆるウイルス対策プログラムに関連する可能性があるということです。

また、ここでの主な修正点は 0 x 80070032 Windows10および コンピューターのメモリが不足しています あなたのための問題。

unsecapp.exeを削除する必要がありますか?

記事のこのセクションを注意深くお読みください。 unsecapp.exeを削除できるかどうかを尋ねられた場合、答えは「YES。」 ただし、アンインストールしないことを強くお勧めします。

つまり、unsecapp.exeは削除できますが、そのままにしておく必要があります。 実際、unsecapp.exeは安全で必要なツールであると考えられています。 この記事を最初から読んだ方は、アンインストールする必要がないことをすでにご存知でしょう。

また、Windowsシステムで重要なプログラムのいくつかを起動するにはunsecapp.exeが必要であることを知っています。 たとえば、ウイルス対策とSkypeを起動する必要があります。

このサービスを無効にすると、上記のアプリケーションが正しく機能しなくなる可能性があります。 そのような事例がどれほど壊滅的なものになるかは言うまでもありません。 その場合、オペレーティングシステムでさえ奇妙に機能し始めます。

それがOSにもたらす明らかな障害は別として、サードパーティのアプリが正しく動作するのを妨げることさえあります。

WMIプログラミングへのアクセスを必要とするアプリがある場合、それは誤動作し始めます。 したがって、オペレーティングシステムの一部としてunsecapp.exeを検討する必要があります。 つまり、アンインストール、停止、または削除を試みるべきではありません。 それを念頭に置いて、この記事の他のセクションに移りましょう。

unsecapp.exeはいつ問題が発生しますか?

何度か言及したように、unsecapp.exeは問題のあるアプリや安全でないアプリではありません。 コンピュータやプライバシーに害を及ぼすことはありません。 ただし、「unsecapp.exe」は、Windowsユーザーにとって問題になる可能性があります。

ご存知かもしれませんが、さまざまな顔をしたマルウェアプログラムがたくさんあります。 これらのマルウェアプログラムの一部は、オペレーティングシステムで正当なプログラムに偽装される可能性があります。

したがって、unsecapp.exeでも同じことが起こる可能性があります。 つまり、マルウェアアプリケーションはunsecapp.exeになりすまして、コンピュータシステムにインストールされる可能性があります。 プロセスの名前と同一または非常に類似している可能性があります。 次に、それはオペレーティングシステムに静かに置かれ、設計されたダメージを与えます。

これらのツールの中には、コンピューターで実行するすべてのアクティビティを追跡できるものがあります。 入力したパスワードを追跡して、リモートサーバーに送信することもできます。 彼らはあなたの財務情報を追跡し、大きな問題を引き起こすことさえできます。

ただし、幸いなことに、新しいバージョンのWindowsは、これらのタイプの攻撃に対してそれほど脆弱ではありません。 これらには、このようなマルウェア攻撃からOSを保護するのに十分な高度で洗練されたセキュリティシステムが付属しています。

最新のWindows OSと定評のあるセキュリティツールがあれば、OSを保護できます。 この場合、Windows Defenderのようなセキュリティツールが便利です。 更新されたWindows OSと強力なウイルス対策プログラムの組み合わせにより、unsecapp.exeに偽装したマルウェアを排除できます。

ただし、コンピュータのセキュリティにまだ疑問がある場合は、高度な手順を実行する必要があります。 たとえば、タスクマネージャーを起動し、ファイルがオリジナルかどうかを確認することで続行できます。 そのためには、「Ctrlキー"+"シフト"+"Escキー」と一緒に タスクマネージャ ユーティリティ。

次に、 unsecapp.exe サービスとそれを右クリックします。 「開いているファイルの場所。」 それぞれのサービスが本物で正当なものである場合は、 C:\ Windows \ System32 \ wbem。 したがって、サービスは安全であると想定できます。

Unsecapp

ただし、ファイルパスを確認した後でも、完全に自信がない場合があります。 その場合、最善の策は、マルウェアスキャナーを使用して指定されたファイルをスキャンすることです。

WindowsDefenderを使用してスキャンすることを検討できます。 最初にunsecapp.exeを右クリックして、「Windows Defenderはでスキャン。」 そうでない場合は、別のサードパーティのマルウェアスキャナーを使用して、それぞれのサービスをスキャンできます。

ファイルが通常プログラムをインストールする場所以外の場所にある場合、それは非常に疑わしいものです。 OSの正規のツールになりすますマルウェアやスパイウェアである可能性があります。

ただし、幸いなことに、ほとんどのウイルス対策プログラムは、これらの犯人を一度に捕まえることができます。 したがって、PCにウイルス対策プログラムがインストールされていない場合は、今すぐ実行してください。 また、定期的に更新してください。

ジャック

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。