Vcomp110.dllを修正する方法は簡単にエラーが見つかりませんでした

Vcomp110.dll は、MS VisualC++に含まれる必須コンポーネントです。

Windowsユーザーとして、vcomp110.dllが見つからないというエラーがすでに発生している可能性があります。

この再配布ファイルは、さまざまなエラーとリンクしている可能性があります。

Vcomp110.dllが欠落している理由

アプリケーションを開いたときにコンピュータにvcomp110.dllエラーが表示された場合、主な理由が110つあります。 簡単に言えば、vcompXNUMX.dllは本来あるべき場所では利用できません。 ただし、いくつかの異なる理由で行方不明になる可能性があります。

vcomp110.dllがありません

たとえば、マルウェア攻撃やハードウェアの問題が原因で発生する可能性があります。 とにかく、Windowsユーザーとしてこのエラーを排除する方法を知ることは重要です。 このエラーを修正するために従うことができる方法を以下に示します。


方法1:Visual C ++用の再配布可能パッケージを再インストールします

最初の方法として、VisualC++再頒布可能パッケージの再頒布可能パッケージをダウンロードしてみてください。 次に、同じことを実行して、エラーがなくなったかどうかを確認できます。

この種のソリューションを使用すると、不足しているvcomp110.dllファイルを復元できます。 この場合、最新のファイルを取得できます。 したがって、ダウンロードする前に、正しいバージョンのWindowsを選択できるように十分に賢くしてください。

それで成功が見られない場合は、再頒布可能パッケージを別の方法でインストールする必要があります。 この時点で、プログラムのインストールフォルダからインストールする必要があります。 場合によっては、それぞれのプログラムのDLLファイルがMicrosoftのDLLファイルよりもスムーズに動作します。

では、どのフォルダでvcomp110.dllファイルを探す必要がありますか? さて、プログラム(またはゲームでさえ)はエラーを経験したはずです。 したがって、ファイルを見つけて、それぞれのファイルを置き換えるだけです。


方法2:障害のあるアプリで再インストールを実行する

多くのユーザーは、障害のあるアプリを再インストールすることでvcomp110.dllエラーを修正できたと言っています。 つまり、あなたも試してみることができます。

  • まず、Windowsボタンを右クリックすると、「」というラベルの付いたメニューが表示されます。開始「。 次に、「アプリケーションと機能"
  • 110番目のステップでは、同じウィンドウの右側に移動する必要があります。 次に、vcompXNUMX.dllエラーが発生したプログラムが見つかるまで下に移動します。 次に、そのプログラムをクリックして、「アンインストールする「。 これにより、他の情報とともにそれぞれのアプリケーションがアンインストールされます。 次に、「アンインストールする"
  • プログラムがPCからアンインストールされるように、しばらくお待ちください。 その後、同じプログラムを再インストールできます。

方法3:Vcomp110.dllを復元する 

Vcomp110.dllが万が一削除された場合に表示されることをご存知ですか? その場合は、同じものを復元することができます。 削除されたファイルはごみ箱にあるので、ごみ箱に到達することでそれを行うことができます。

  • まず、をダブルクリックする必要があります ごみ箱 デスクトップにあります。
  • 次に、その中のVcomp110.dllを検索する必要があります。 ファイルが削除された場合、それはすでに存在している必要があります。 アイコンを右クリックして、「リストア"
vcomp110.dllを復元します

重要: しかし、ごみ箱からファイルも削除した場合はどうでしょうか。 その場合、それを取得するには、非常に強力なデータ回復プログラムを使用する必要があります。


方法4:Windowsを更新してVcomp-110.dllの欠落エラーを修正する

Windowsシステムで利用可能な更新がある場合は、それらをインストールすることをお勧めします。 欠落しているDLLファイルは、多くの場合、これらの更新で発生する可能性があります。 とにかく、利用可能なアップデートをインストールすることはあなたのシステムにとって良いことです。

以下に記載されているのは、あなたができることです。

  • 開いた "設定「。 「Windows"+"I」キーを一緒に使用してそれを行います。 「」というオプションをクリックします更新とセキュリティ"
  • 次に、「ステータスの更新」の下にある利用可能なアイテムを表示するにはアップデートが利用可能です「。 その後、アップデートをダウンロードしてインストールできます。 ただし、場合によっては、最新バージョンの更新プログラムをWindowsUpdateにインストールすることができます。

方法5:ハードドライブとRAMに潜在的なエラーがないか確認します

Vcomp110.dllエラーがハードウェアエラーによっても表示される可能性があることを知っておく必要があります。 したがって、上記の方法を実行しても問題が解決しない場合は、ハードウェアエラーを確認してください。

ハードウェアエラーに関しては、RAMまたはハードドライブの障害が原因で発生する可能性があります。 したがって、ハードウェアを確認する必要があります。

ハードウェアチェックを実行するための簡単なガイドの下でフォローアップしてください。 その方法を以下に示します。

RAMを確認してください

  • まず、「」というツールを開く必要があります。Windowsメモリ診断「。 検索ボックスにそのツールの名前を入力すると、検索できます。 次に、をクリックします 最適なマッチング アイコン。
Windowsメモリ診断
  • 次に、別のウィンドウが表示され、アクションを確認する必要があります。 完了したら、オプションをクリックできます。今すぐ再起動して問題を確認してください(推奨)"
  • 次に、PCが再起動することを確認する必要があります。 PCが再起動すると、別のウィンドウにメモリ診断が表示されます。 テストプロセスとステータスが表示されます。
  • メモリに問題がある場合は、交換してください。

ハードドライブを確認してください

MiniTool Partition Wizardなどの専門ツールを使用して、ハードドライブをチェックできます。 ディスクを最適なレベルに保つための優れたオプションと見なされます。 オールインワンのツールです。

同じツールを使用して、ディスクのワイプ、使用可能なディスクスペースの確認、データのコピーなどを行うことができます。さらに重要なことに、同じツールでデータを回復することもできます。 また、要件に基づいてファイル形式を変換することもできます。

そうは言っても、以下はMiniTool Partition Wizardを使用して、ハードドライブにエラーがあるかどうかを確認する方法です。

  • まず、ダウンロードしてインストールする必要があります ミニツールパーティションウィザード 障害のあるコンピューターで。 次に、それを実行してメインインターフェイスを確認します。 その後、テストする必要のある障害のあるドライブを右クリックする必要があります。 次に、「」というオプションを選択する必要があります表面試験"
ミニツールパーティションウィザード
  • 次に、「すぐに開始「。 その後、プログラムがスキャンを実行します。 結果はブロックとして表示されます。 赤い色の箱に気づいたら、修理する必要があります。 修復プロセスは、次の手順で実行する必要があります。
  • 次に、開く必要があります 管理者とのコマンドプロンプト 特権。 CMDウィンドウが開いたら、「chkdsk f: /r「。 次に、「Enter" 鍵。 「f」は、修復する必要のある実際のドライブ文字に置き換える必要があります。

ファイルシステムのエラーを見つける方法は次のとおりです

  • ターゲットドライブを選択し、オプション「ファイルシステムの確認"
  • ここで、オプション「検出されたエラーを確認して修正するとヒット開始"
ファイルシステムをチェックしてvcomp110.dllエラーを修正してください
  • これで、プログラム自体が潜在的なシステムエラーを修正します。

方法6:マルウェアの問題の可能性についてPCをスキャンします

vcomp110.dllのようなエラーは、マルウェア関連の問題によっても表示される場合があります。 したがって、最善のアプローチは、PCでマルウェアスキャンを実行して、それが機能するかどうかを確認することです。


方法7:システムを修復する

インストールファイルの修復は、このエラーに対処するためのもうXNUMXつの便利なソリューションです。 したがって、このオプションを選択する前に、インストールメディアを見つける必要があります。

  • まず、USBフラッシュドライブを障害のあるPCに接続して、このプロセスを開始する必要があります。 次に、Microsoftの公式Webサイトにアクセスして、PCにメディア作成ツールをダウンロードする必要があります。 あなたが使用することができます このリンク それをダウンロードします。
  • これで、すでにダウンロードされているファイルが開くはずです。 その後、「」というオプションをクリックする必要があります同意"
  • その後、画面に表示される指示に従ってください。 「別のPC用のインストールメディアを作成する"を選択し、「。 次に、「言語、エディション、およびアーキテクチャを構成する「。 その後、「"を選択し、ISOファイル「。 打つ 選択して USB。 ヒット 再度、プロセスが完了します。
vcomp110.dllエラーを修正するためにシステムを修復する
  • 次のステップとして、ISOファイルをマウントする必要があります。
  • ここで、をダブルクリックする必要があります。 setup.exeを。 これは、仮想的にロードされているドライブから見つけることができます。
  • 「」というオプションを選択できますアップデートをダウンロードしてインストールする「。 その後、「"を選択し、同意「。 その後、指示に従うことができます。
  • 最後のステップとして、「オプションをクリックしてください。Windowsの設定、個人用ファイル、およびアプリを保持する「 「「そして、Windowsが数回再起動することに気付くでしょう。 その結果、vcomp110.dllが修正されます。

方法8:Windowsを再インストールします。

vcomp110.dllエラーを修正できる最後の方法は、再インストールです。 上記の解決策のいずれも機能しない場合は、この方法を試すことができます。

この方法では、ハードディスク上のすべてが消去されます。 そのため、再インストールする前にデータのバックアップを作成する必要があります。

この目的には、ディスクエラーのチェックに使用したのと同じツール(MiniTool Partition Wizard)を使用できます。 これにより、数回クリックするだけでバックアップを作成できます。

その方法を以下に示します。 バックアップを作成する前に、USBドライブの準備ができている必要があることに注意してください。

  • ダウンロード ミニツールパーティションウィザード PCにインストールしてください。
  • 次に、システムディスクを選択します。 次に、というオプションをクリックします ディスクをコピー。 ターゲットディスクも選択してデータをコピーします。 クリック 続行します。
  • コピーオプション「。 次に、必要に応じてパーティションを変更します。 クリック ""
  • 「完了」というオプションをクリックします。 その後、「適用」をクリックして続行できます。
  • その後、WindowsOSを再インストールすることが可能です。

結論

だから、これらはあなたがあなたのPCでvcomp110.dll行方不明のエラーを修正することを試みることができる解決策です。 情報に注意深く従って、あなたの状況に最適な方法を選ぶことができます。 さらに疑問がある場合は、先に進んでコメントを投稿できます。


Vcomp-110.dllエラーに関するFAQ

vcomp-110.dllエラーを修正するための最も実用的な方法は何ですか?

  • Visual C ++の再配布可能なパッケージで再インストールを実行します
  • 障害のあるアプリを再インストールします。
  • 最新バージョンのWindowsを再インストールします。
  • ハードドライブとRAMが正しく機能しているかどうかを確認します。
  • マルウェアの感染を確認します。
  • Windowsインストールを修復します。
  • WindowsOSをクリーンインストールします。

vcomp-110.dllエラーを修正する方法は?

  • ファイル回復アプリケーションを使用してDLLファイルを回復します。
  • 障害のあるアプリケーションをアンインストールして、再度インストールします。
  • すべてのドライバーを更新します。
  • PCをスキャンしてマルウェアを探します。
  • PCを再起動します。

どうすればDLLファイルを復元できますか?

  • "ラン」とテキストを入力します CMD.
  • [OK]をクリックします。
  • コマンドを入力してください SFC /scannow Enterキーを押します。
  • スキャンプロセスが完了するのを待って、PCを再起動します。

vcomp-110.dllファイルを削除できますか?

いいえ。vcomp110.dllを削除すると、それぞれのプログラムの機能が妨げられる可能性があるため、削除することはお勧めしません。

Jack

情報およびコンピューター技術におけるXNUMX年の経験。 電子機器、スマートフォン、コンピューター、そして現代のテクノロジーに情熱を注いでいます。